洗濯したのに加齢臭がおちない!オススメの洗剤はコレだ!

洗濯して、キレイなはずなのに、まるで放置された雑巾のような、きっついニオイが残ってる‥‥っていう経験ありませんか?

わたしも嫌というほど経験したので、その不快感はよくわかります。なんで、ちゃんと洗濯洗剤を使っているのに、加齢臭は残るんだろうと、疑問に思っていました。

洗剤をいろいろ試してみたり、柔軟剤でごまかしてみたりしましたが、いっこうに変化はありませんでした。

そんなときに、救世主が現れたのです!それが、花王の「ワイドハイター」という酸素系の衣類用漂白剤でした。

ワイドハイターでニオイが消えた

売り文句にはこう書いてありました。
「洗剤だけではおちないニオイの元まで…」
今まで、こういったジャンルの商品は、試してしなかったのですが、このセリフに惹かれて購入しました。

使い方はとっても簡単です。いつもの洗濯洗剤にプラスしていれるだけなんです。早速試してみると、わずか一回の洗濯で効果がハッキリとありました。

これには、わたしもビックリしましたね。なんで、もっと早く、こういった酸素系の漂白剤を使わなかったんだろうって思いました。

あと、怖かったのが色落ちです。漂白剤なので、柄物などの色落ちは大丈夫かな?って思っていたのですが、色落ちもありませんでした。

その理由に、この酸素系の漂白剤の成分が関係しています。「過炭酸ナトリウム」と成分で除菌と漂白をしているからです。

この成分は、キズの消毒に使ったりするものなので、柄物の洗濯しても色落ちしないんですね。もちろん、適正量を守って使うことが大前提ですが。

粉末タイプがオススメ!

酸素系の漂白剤にも、液体タイプと粉末タイプがあります。

わたしも経験上、粉末タイプの方が、ニオイを消す効果が強いと思いました。なので、強烈な残臭に悩んでいたり、1ミリもニオイを残したくないと思われる方には、粉末タイプをおすすめします

洗濯洗剤にプラスして入れるだけなので、「つけおき」もする必要もありません。洗濯物のニオイで悩んでいる方は参考にしてみてください。


PAGE TOP