加齢臭を食生活で改善!気を付けたい食べ物は?

加齢臭

加齢臭を防止のする対策として、一つは、石鹸や消臭こうかのあるスプレーなどを使う方法があります。確かにこの方法は、効果がある方法です。

しかし、石鹸や消臭スプレーでは、加齢臭を根本から治すということには、残念ながらなりません。なので、体の内部から、加齢臭対策をする必要があるんです。

その一つが、食生活です。

食事のしかた一つで、健康状態が変わってくるのは、ご存知だと思います。実は、加齢臭にも深く関係しているのです。

では、具体的にどのようなことに気をつけて食事を取れば良いのか説明します。

動物性脂肪の摂り過ぎに注意!

ラード(豚脂)、ヘッド(牛脂)、バター

上の3つの食べ物には特に注意が必要です。

なぜなら、加齢臭のニオイのもとになるのは、皮脂だからです。脂分は、皮脂となって体外に分泌されます。なので、脂っぽいものを多く食べていると、必然的に皮脂も多く出て、さらには加齢臭を出しやすい状況になってしまいます。

わたし自身、お肉が大好きで、よく焼肉も食べていましたし、ラーメンはコッテリしていなければ、ラーメンじゃない!とまで思っていたほどです。

それまで好きでだべていたものを一気に、辞めろとはいうのは無理がありますが…本気で加齢臭を消したいと考えるなら、控えるとこをオススメします。

お肉の代わりに何を食べるのか?

お肉の代わりに大豆を食べましょう

大豆には、抗酸化作用ありますので、皮脂の酸化対策にもおすすめの食材です。

あと、消化が良いという点でも優れています。お肉は、消化するまで長い時間が、かかります。これによって、腸内での悪玉菌が増えることになり、ニオイがさらに増すという悪循環に…

腸内環境を整えるということで、納豆や、ヨーグルトも良いです。あと、大豆は髪の毛にも良い食べ物なので、見逃せない要素がたくさんあります。

おわりに

今の食生活が、肉中心の方は、ぜひ、「肉→大豆」の食生活に変えてみてはいかがでしょうか?わたしは、食生活を改善すること、そして、加齢臭対策石鹸を使うことで、ニオイが気にならなくなりましたので、あなたにも試していただきたいです。