自分の臭いをチェックして、ニオイを確認しよう

自分の臭いってなかなかわかりずらいものなんです。
なぜかというと、自分の臭いに慣れてしまっているからです。

例えば、人の家に入ると、その家のニオイって凄いわかりませんか?でも、自分の家に入っても、ニオイはわからない。脳がニオイを消してしまっているんですね。これって恐ろしいことなんです。

加齢臭対策をする前に、まずは、自分がどのような臭いにを発しているのかしっかり確認することから始めてみましょう。

自分のニオイをチェックしよう

頭、口、耳の後ろ、わき、デリケートゾーン、足、が主にニオイを発する場所なので、それぞれ確認しましょう。

このときに注意するのが、直接ニオイをかがないということです。ティッシュなどに、こすりつけてかぐことで、本当に発しているニオイがわかります。

口は、舌の表面を拭って確認しましょう。こうやって、ニオイを何かに付着させることで、はっきりと自分のニオイを確認できます。

自分のニオイわかりましたか?

おもしろいもので、自分のニオイって、意識しないと全くと言っていいほどニオイがわからないものです。わたしも、自分のニオイをしったときは本当に衝撃的でした。

こんなに臭っていたのか…
これでは、家族が嫌がるもの当然だ…

このように思えたからこそ、加齢臭対策をしなければという気持ちが一層高まりました。

あなたも、自分のニオイをチェックしてみてはいかがですか?早くなんとかしなければと危機感を感じるはずです。


PAGE TOP