加齢臭の原因とは?

加齢臭をどうにかしたい!

その気持ちはわかりますが、まずは、加齢臭の原因を知ることが必要です。原因を知ることが加齢臭対策の第一歩につながりますので、必ずおぼえておきましょう。

加齢臭の原因

加齢臭の原因は毛穴からでる皮脂の酸化です。

皮脂の酸化によって「脂っぽい臭い」が発生します。これが加齢臭と言われるものなんです。ニオイの元となる物質は「ノネナール」といいます。

あと、加齢臭はもともとあった言葉ではありません。1999年に資生堂が命名したものです。このときに「ノネナール」という物質が、ニオイのもとであるとわかりました。

おわりに

皮脂の酸化→ノネナールの発生=加齢臭の発生

皮脂は、老若男女問わず、だれにでも発生します。なので歳を重ねるに増えるというわけでもありません。

ただ、脂の成分は変わります。これによって、その年代特有のニオイがでるわけです。例えば、10代から20代は、ツンとした臭いなどです。

原因がわかったところで、やみくもに洗えばニオイが消えるというわけでもありません。正しい方法で対処をしないと、逆に悪化してしまう恐れもあります。

なので、正しい知識と対策をして、だれからも近づいてもらえる「清潔なオヤジ」を目指しましょう。


PAGE TOP