米津玄師の人気曲ランキング!アンケートで選ばれた曲を一挙大公開

米津玄師

編集部
編集部

こんにちは、Monosiri編集部です。

今回は「米津玄師」の好きな曲アンケートで選ばれた人気曲ランキングをご紹介します。

アンケート結果

  • 1位 Lemon 21票
  • 2位 LOSER 19票
  • 3位 アイネクライネ 18票
  • 4位 打上花火 15票
  • 5位 灰色と青 13票
  • 6位 ピースサイン 12票
  • 7位 orion 9票
  • 8位 メトロノーム 5票
  • 8位 vivi 5票
  • 8位 ゴーゴー幽霊船 5票

  • 11位 MAD HEAD LOVE 4票
  • 11位 春雷 4票
  • 11位 ドーナツホール 4票
  • 14位 メランコリーキッチン 3票
  • 15位 砂の惑星 2票
  • 16位 WOODEN DOLL 2票
  • 16位 アンビリーバーズ 2票
  • 16位 Flowerwall 2票
  • 16位 フローライト 2票
  • 20位 しとど晴天大迷惑 1票
  • 20位 恋と病熱 1票
  • 20位 花に嵐 1票
  • 20位 ホープランド 1票
  • 20位 サンタマリア 1票
  • 20位 Nighthawks 1票
  • 20位 Blue Jasmine 1票
  • 20位 リビングデッド・ユース 1票
調査概要

  • 調査地域:全国
  • 対象者条件:米津玄師で好きな曲がある人
  • 調査手法:ネット調査(ランサーズ
  • 調査日:2018年7月25日~7月30日
  • 有効回答数:32人

人気曲ランキング

1位 Lemon 21票

2018年に放映されたドラマ「アンナチュラル」の主題歌として、すでにブレイクしつつあった米津玄師の名前がさらに広まった、記念すべき一曲。

説明するまでもない名曲です。発表した楽曲のほとんどが、YouTubeで何千万もの再生回数を得ている米津玄師ですが、なんとこの「Lemon」は公開後半年ほどで再生1億回を超えています。

ピコ太郎が2億超えしている他、1億越えは星野源などがいますが、日本人アーティストとしてはとんでもない再生数です。きっと、冒頭の米津玄師の歌い出しで撃ち抜かれてしまった人がたくさんいたことでしょう。

投票者のコメント

ちよ
切ない歌詞と、歌声。
「今でも貴方は 私の光」
という部分が、特に。
ドラマ「アンナチュラル」の内容との、リンクも良い。
myon
PVがすごく印象的で米津玄師がヒールを履いているところがお気に入りです。
たこマル
この曲の前から米津さんを知っていましたが、Lemonを聴いてCDを買おうと思いました。
もう10年以上CDを買いたいなんて思っていなかったのですが、(しかも邦楽なんてほとんど買った事がない)何度も聴きたい!と思えた曲です。
初めてLemonを聴いた時は本当泣きそうになりました。

もも
ヒールはいてるのが見れたから。
とま
ドラマの内容に合わせた歌だと聞いたけど、いなくなってしまった大事な人を思った切ない歌詞でいい。自分が思っていた以上に恋をしていたって歌詞もあり切なくて暖かくて泣ける。
takumu_13
好きなドラマの主題歌でながれていたので。
イチゴバナナ
歌詞を見ていると、胸が熱くなってきますし、
いろいろと考えさせられるような曲だからです。
bestsmile1101
この曲が好きな理由はリアルな恋愛事情をさりげなく歌詞で描写されていて、
鳥肌がたつくらいに良いと思ったからです。
朝ってちゅん
何度聞いても飽きずに聞ける
あこ
タイトルは甘酸っぱい感じなのに、せつなく心が震えてどうしようもないような、胸をかきむしりたくなるような感じがいいから。
カペラ
ドラマ「アンナチュラル」にハマり、曲にもハマり米津玄師さんをより知った時期です。
ドラマの山場でこの曲がかかり泣いてしまうことがよくありました。
この曲を作っている時に、米津玄師さんのお爺さんがお亡くなりになったそうで曲に影響が出ているそうです。
こじこじ
歌詞が切なく心に訴えてくる曲。
吉田
「夢ならばどれほどよかったでしょう」その一言だけで切ない気持ちになります。うっかり涙が出そうになる内容です。落ち着いた雰囲気です。
向日葵
サビの盛り上がる部分が何度も聞いていられるほど好きです。
こんな気持ちになれるほどの恋愛をしてみたいと思いました。
しめぢ
Aメロに謎の音、ウェッって入っていて、いつも一緒にウェッって言ってますw
yuki
ドラマ「アンナチュラル」の主題歌でした。
このドラマのとてもいいタイミングででこの曲が流れます。
この曲はとても印象的で日本人が好むメロディラインだと思います。

米津玄師は若者に人気のアーティストではありますが、
この曲は老若男女問わず惹かれる曲だと思います。
70代の母にもおすすめできちゃうくらい名曲です。

yukinnko
ドラマの主題歌で人気になった曲。ドラマも好きだったので印象的。
すなふ
たぶん失恋をしたらこの曲を聴き続けるだろうなと思うくらい、よい曲。
kk
ドラマにハマってその主題歌であった「Lemon」の歌詞と彼の声がドラマの世界観にマッチしていて、とっても好きになりました。
れい
主題歌になったドラマとあっていて
良く聞いていたら好きになった

2位 LOSER 19票

最高にカッコいい。そんな一言に尽きる一曲です。従来のサウンドは残しつつ、手拍子やラップ調のメロディによる、圧倒的な勢いが特徴的です。

これまでの米津玄師の音楽に比べると、よりヒップホップ的な方向へ突き進んだ印象を受けます。が、そういった小難しいことはさておいてクールなナンバーですので、ともかく一度聴くべきです。

また、ファンの方ならこの曲が発表される前、渋谷の壁面での情報解禁までの盛り上がりも、忘れ難い思い出なのではないでしょうか。

投票者のコメント

coaltit
どれくらい才能があるのだろうと感じてしまうほど、それまでの曲とはまた違う、激しいラップ調のフレーズが魅力的です。このとても早いテンポには、カラオケでやろうとしてもなかなかついていけません。MVの個性的なダンスも含めて格好いい曲です。
myon
米津玄師がPVでダンスを披露していて、その高身長と運動神経の良さを活かした動きはずっと見惚れてしまいます。
yuki
最初に聞いたのはCMでさびの部分を聞いた。
その時点では、Lemonを作った人と同一人物(米津玄師)のものだとは分からなかった。
LemonがとてもいいのでYouTubeで聞いていたら、おススメ関連動画でこの曲があった。
動画で見ると(MV)で米津さんご本人がプロ級のダンスを踊っていて、何度も再生していたら
曲も好きになった。

しめぢ
CMでもかかるようになって嬉しいです。一番好きな曲で旦那さんも好きなので一緒に聴いてるうちに好き度が増しました。
もも
おしゃれでかっこいいから。
とま
ノリが良くてカラオケで歌って気持ちがいい。たくさん韻を踏んでいて聞いていてものってしまう。
イチゴバナナ
耳に残りやすいテンポの良い歌で、聞いていると元気が出てくるからです。
カペラ
負け犬感マックスな曲です。
なのに長身でダンスもできて、声も素敵で絵も描けてたくさんの才能を動画では見ることができます。
それでも前に進で行こうと強く伝えてくれるのが素敵です。
りお
アップテンポで聞いてて元気になります。
こじこじ
米津さんの才能があふれている曲。出だしとなめらかな声がやばい。
みゆろん
MVがかっこいいです。
吉田
とてもスピーディーな曲。
歌詞を見ずに初めて聞くとなんて言ってるの!?と思うかも。
CMにも使われていてなじみやすい曲。
たこマル
とにかくカッコイイ!
サビに入る時が特に好き!歌うのは難しい(笑)
mike1984
車のCMで聞いて好きになった。曲のテンポがよく好き。
福寿草
この曲はとにかくメロディーが好き。
体が勝手に動いてしまうようなノリがいいです。
yukinnko
サビがかっこいい曲。PVで本人が踊っているのも魅力の一つ。
桜色さくら
闇を見つめているようで光を際立たせている、米津玄師の真骨頂だと思っています。自分に自信がなくなったときに励ましてもらえる一曲。ダンスまでできるとか、あの人多彩すぎる。。
ちよ
歌詞と、曲の雰囲気。
声の良さが引き立つ曲だと感じる。
kk
リズミカルな曲調と歌詞がマッチしていて、自然とノってしまうところが好きです。

3位 アイネクライネ 18票

米津玄師節炸裂のバラード。「アイネクライネ」とはドイツ語で「小さな」という形容詞です。モーツァルトの「あいね・クライネ・ナハトムジーク」と同じ使われ方です。

女性目線の歌詞と音楽を、ごく自然に歌い上げている米津玄師の実力に驚きです。また、バラードと言ってもエレキギターの使い方が非常にうまく、ヴォーカルで我慢していた感情が爆発して、こらえきれずに泣き喚いているようにさえ聞こえます。こう言ったコントラストも米津玄師の魅力の1つですね。

投票者のコメント

coaltit
YouTubeで初めてこの曲を聴いた時、その切々として問いかけるような歌詞と、すべてを自分で手掛けたという曲に会った素晴らしいMVに感動しました。この人の繊細な感性が好きです。
りか
私が一番好きな曲がアイネクライネなのですがメロディーライン、歌詞どちらもとても素敵だと思います。
メロディーラインはずっと優しく温かみのあるものなのですが歌詞が切ない感じ。そしてサビに向けて少しずつ盛り上がっていきサビに入った瞬間に一気に盛り上がるのにどこか切ない感じも残っていて大好きです。
みっちー
自分に疲れた時に聞くと、乾いていた心が潤っていくような気持ちになるから好きです。「どうして」と歌う部分が、切実で、とても刺さります。サビに入るまえの一瞬の空白が、よりこの曲のサビを美しくしている感じがお気に入りです。

とま
とにかく切ない。歌詞も共感できて自分を重ねてしまう。好きな人とのもどかしい想いや距離がグッとくる
takumu_13
こちらは歌詞もですが曲のリズムやメロディーがすごく好きです。
bestsmile1101
この曲が好きな理由は人間が恋する時の日常のささやかな幸せを歌った歌詞に
オリジナリティーを感じて、気に入ったからです。
朝ってちゅん
どうして…どうして…どうして…という歌詞にグッときます。
りお
もともと好きでしたが、手話で踊る動画があり、それを自分でも踊ることにより、気づけば口ずさんでいます。
吉田
落ち着いた雰囲気の曲調で聞いていると落ち着くのですがなんだか切なく、聴き飽きない曲です。
向日葵
歌詞が切なくて共感できる。
ガムテープ
歌詞
切ない歌詞が響くからです。
しめぢ
初めて夏フェスへ行き初めて生で米津玄師さんの歌を聴いた時、この曲を聴いて涙が出ました。いつか出会えるあなたが見つかった幸せをかみしめます。
福寿草
切なく感じるけど、永遠に「あなた」に対する気持ちを持って、ハッピーエンドのようで人間の恋に対する不安がすごく良く表現されていて胸が苦しくなるけど最後まで聞き入ってしまう。
主人と出会ったころによく聞いていた曲なので思いれがあります。
yuki
独特なメロディ。
訴えかけるような切ない曲で女性目線で作られているからか
時々聞きたくなる。
桜色さくら
恋をする女性視点で歌われていて、聞いていてあたたかな気持ちになります。ふとしたときに鼻歌ででてくる、印象深いメロディーもすき。
すなふ
この曲で本格的にファンになったので、ずっと特別な歌です。
もも
mvがいいから。
ちよ
透き通った声と、それに合う、女性の内心を思わせる歌詞。

4位 打上花火 15票

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌用に、米津玄師が提供した楽曲。ゲストボーカルとして女性シンガー・DAOKO(だをこ)を迎え、「DAOKO×米津玄師」名義で発表されました。

透明感溢れるDAOKOの声とサウンド、それに対比するかのように、落ち着いた声音の米津玄師の歌唱が絶妙です。ちなみに、4thアルバム「BOOTLEG」に収録された時には、全編を米津玄師が歌唱しています。どちらもファンは必聴です。

投票者のコメント

coaltit
DAOKOさんとのコラボレーション曲ですが、彼女のパートと米津さんのパートとの符割りの変化が素晴らしくて、何度も繰り返し聴いてしまいます。デュエット曲は転調しただけで符割りを変えるというより、歌い方の個性に任される事も多いのですが、これは実に凝っていて、それが完成されています。夏の定番名曲として長く聞き続けられると思います。
りか
打上花火は主題歌にもなったので有名ですが最初の綺麗なメロディーラインが切なさを感じさせ夏の情景が頭に思い浮かぶ一曲だと思っています。
サビになるまでは切なさを感じるメロディーなのにサビになった途端にハモリも相まって力強さと切なさを感じる曲で好きです。
吉田
夏らしくきれいな曲。
なんだか懐かしい、なんだか切ない気持ちになる。
「パッと」の歌詞のところがすごく鳥肌の立つ何とも言えない迫力。が印象的。

takumu_13
夏の歌で好きな曲です。
夏の感じが思い浮かぶので好きになりました。
イチゴバナナ
ダオコさんの声と、米津玄師さんの声がすごく合っていて、
明るい気分になれる曲だからです。
カペラ
DAOKOさんと一緒に歌っています。
映画の挿入歌になっていて、夏にはラジオからよく聞こえてきます。
花火を見に行くより曲の方が儚い美しさを感じさせてくれる曲です。
こじこじ
米津さんの一人のバージョンもとてもいい。夏にぴったりの曲。
たこマル
CMで当時凄く流れていましたよね。
よく流れていたけど、嫌な気分にはならず、流れてくると聴き入ってしまう曲でした。
DAOKOさんとのコラボが凄く綺麗で、クリアなDAOKOさんの声が素敵です。
yuki
サビの部分のメロディがリフレインして耳に残ります。

曲先行で映画も見ました。

米津玄師の楽曲の幅広さに感動します。

yukinnko
歌い出しの女の人の声から好きになった曲、2人とも声が合ってる。
myon
大好きなDAOKOとのコラボで私にとって大好きな2人でコラボしてくれたとっても美しい曲だと思いました。
mike1984
メロディがきれいな曲。さびで盛り上がる。
yukinnko
歌い出しの女の人の声から好きになった曲、2人とも声が合ってる。
ちよ
夏の夕暮れを思わせる、雰囲気。
男性ボーカルと女性ボーカルの、ハーモニーが素敵。
kk
daokoとのコラボで、私はdaokoも好きなので一回聞いただけで大好きになりました。飾っていない歌い方がこの曲の一番の好きなところです。
れい
DAOKOと一緒に歌ってるが
掛け合いがあっていて好き

5位 灰色と青 13票

4thアルバム「BOOTLEG」リリースに先駆け、先行配信された一曲。なんと、俳優の菅田将暉が歌唱参加しているということでも話題になり、2018年現在、YouTubeでの再生回数は7000万回を超えています。

ノスタルジックなサウンドと歌詞が胸を締め付けてきます。また、ヴォーカルの歌い方も他にないくらいとても感情的で、ついつい感情移入してしまいます。MVも合間って、近所の公園のブランコに乗りたくなってくる、そんな懐かしいナンバーです。

投票者のコメント

すなふ
低い音程から始まってサビの盛り上がりが最高。
菅田将暉さんの歌声も素敵です。
向日葵
ノスタルジックな気分になれる曲で好きです。歌詞が胸に染みわたります。
りお
pvがまずすきでした。
サビで生きに盛り上がるのがとにかく好きです。

takumu_13
これは2人の曲で
2人の仲の感じが歌詞に出てて
友人との事など想像が膨らんだので。
イチゴバナナ
菅田将暉さんも好きで、夢のコラボが嬉しいことと、
ミュージックビデオもかっこいいことが、好きな理由です。
朝ってちゅん
菅田将暉とのハーモニーがたまりません。
情景が浮かんできて、しばらく頭から離れませんでした
カペラ
菅田将暉くんのと曲です。
菅田将暉君の声がカッコいいからとオファー入れたそうです。
2人ともがカッコいいんですけど!って思える曲になっています。
みゆろん
菅田将暉さんと一緒に歌っている曲で、菅田将暉さんも好きなので、うれしいです。
歌詞も好きです。
たこマル
アルバムの中に入っていて知った曲です。
車の中でよく聴く曲です。
菅田将暉さんとの感じも好きです。
yuki
菅田将暉がCMや歌番組で歌っているのを聞いて、歌うまいな。そしてすごいいい曲だなと思っていた。

ある日、これが米津玄師の曲だとわかって、やっぱりいいなと思った。

yukinnko
菅田将暉好きにはたまらない曲で、かっこいい。
myon
大好きな俳優、菅田将暉とのコラボで生まれた脱力な雰囲気が魅力的です。
もも
菅田くんとのコラボがよかった。

6位 ピースサイン 12票

TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」のOPテーマを飾った、7thシングル。米津玄師にしては本当に直球で、前向きな曲調がアニメにぴったりです。CD発売時には、ジャケット絵をやはり米津玄師が担当したのですが、なんとアニメの主人公をイラストに。

歌はもちろん、原作ファンにも嬉しいサプライズでした。また、原曲MVの公開から半年後には、アニメ映像とコラボレーションしたスペシャルMVも発表されています。こちらもぜひお見逃しなく。

投票者のコメント

ガムテープ
間奏からの昇りつめるところ
2:57~3:07の歌詞と歌い方が合っていて特に好きです。
mike1984
歌いだしの叫ぶところが力強くてよい
桜色さくら
ピースサインで決めポーズをとりたくなる曲。自分を鼓舞するために聞くことが多いです。

とま
明るめでアップテンポで曲調がすき。歌詞も前向きな感じでこれからやっていくぞ!って感じでいい。アニメの主題歌だからそれ用の歌詞なのかもしれないけど、歌詞の中に物語が断片的にあるような、こんな内容なのかな?と想像できるところが多々ある。なんだかいろんな気持ちになる曲
イチゴバナナ
初めて聞いた瞬間から、この曲いい!と感じました。
特に、理由というのはわからないのですが、なぜか好きなのです
みっちー
負けそうになった時、くじけそうになった時に聴くと勇気を貰えるから。まだ頑張れる、まだ頑張りたいと思えるようになるから。サビを聴くと自然と走り出したくなるような気持ちにしてくれるのは、ネガティブな思考を持つ私にはとても強い薬のような役目を持っています。
りお
アニメでも流れており、元気が出るためよく最近聞いてます。こちらもアップテンポで好きでした。
みゆろん
好きなアニメの主題歌で、曲もカッコいいからです。
サビの終わり方もかっこよくて好きです。
吉田
リズミカルで、米津さんらしい独特な世界観が好きです。
楽しい気分にもさせてくれる曲です。
しめぢ
曲調もさることながら、ピースサインといっておきながらただただ幸せだけの曲じゃない奥深さにきゅんときます。
すなふ
何だってできそうな気になってくるポジティブソング。
テンションを上げたい時に聴きます。
れい
アニメの主題歌でとても合っていて好き

7位 orion 9票

アニメ「3月のライオン」でEDテーマを飾った一曲。米津玄師が初めてアニメのタイアップを飾った曲でもあります。3月のライオンは将棋をテーマにしたアニメ(原作は漫画)で、ストーリーの内容に寄り添うような音楽や歌詞がたまりません。

ピアノや手拍子が静かに、曲全体を統一している中、サビで一言ずつ音高が上がっていくところに、切実さを感じます。また、「サンタマリア」で見せていたストリングスのセンスが、サウンドやリズム、様々な面からより進化しているように聞こえます。

投票者のコメント

coaltit
この曲はサビがいいです。曲調の変化も好きですが、やはり歌詞が素晴らしい。信心深いわけではないのですが、自分も思わず神様に祈りたくなります。夜にひとりで聴くのがいい曲だと思います。
kk
私は米津さんと言えば切ない歌声と曲が大好きなのですが、orionはまさにそんな切ない系の曲です。サビの「神様どうか声を聞かせて ほんのちょっとでいいから」の歌詞もシンプルなのに切なくて好きです。
すなふ
厭世的な歌詞や高めの音程が米津玄師さんらしくて大好きな曲です。

takumu_13
この歌はPVで聞いてました。
そのPVの感じと歌に惹かれました。
朝ってちゅん
曲調がすごく好きです。
神様にお願いしたい気持ちが手に取る様にわかります。
たこマル
この曲は米津さんのいつもの曲調とはちょっと違う、そこがまた良かったりします。
少し明るく、勇気が貰える曲だと思います♪
yukinnko
歌詞が好きでよく聞いていた曲です。
ちよ
希望に向かうような、明るい曲と歌詞。
「3月のライオン」との、内容のリンク。

8位 メトロノーム 5票

やや抑えられた音数と声量、これぞ米津玄師のバラード……という、しっとりした名曲です。「Bremen」に収録された「Flowerwall」「アンビリーバーズ」のようなキャッチーさはないかもしれませんが、聴き入ってみるとじんわりと胸があたたまってきます。

ちなみに、「メトロノーム」とは一定のテンポを刻むための機械のこと。この曲でも、ほぼ全編を通して手拍子の裏打ちが、メトロノームのように鳴り続けています。急ぎがちな現代に、一定の早さで慌てず歩み続けることの大切さを訴えてくれます。

投票者のコメント

朝ってちゅん
歌詞がスンナリと心に入ってくる感じです。
ミュージックビデオも可愛らしいマンガ?で、見るのも好きです。
向日葵
失恋の曲なので歌詞を聞いているととても切なくなる曲です。胸が締め付けられるようなところが好きです。
coaltit
歌詞の中に、ふたつ並んだメトロノームについて触れられていますが、その表現が好きです。確かに並べたメトロノームは同じリズムを刻んでいても、次第にズレていきます。美しいし、ミュージシャンらしい詩的な表現です。

あこ
恋愛している時にしか分からない心の動きが共感できる。
りお
落ち込んでいる時に聞きたくなります。
落ち着いたバラードがすきです。

8位 vivi 5票

米津玄師のバラード系と言えば、どうしてもメジャーデビュー後の「Lemon」「サンタマリア」などが取り上げられがちです。が、メジャー後の米津玄師から入った人にも、ぜひこの「vivi」を聴いて見て欲しい……!

1stアルバムに収録された、ファンから根強い人気を誇る名曲です。そして、音楽はもちろん、ぜひMVを見て欲しい一曲でもあります。米津玄師は音楽だけでなく、アルバムジャケットやMVで作画をしており、その多才ぶりがよく知られていますが、この「vivi」のMVは特に泣けます。

投票者のコメント

ガムテープ
不安定なメロディー
イントロから右耳で流れる不安定なメロディーが心地いいです。
tomo
収録アルバム「diorama」を集約したような歌詞と、アニメのようなMV、切なげな曲調、すべてがちょうど良い。
tukiko
排他的で仄かにバッドエンドを思わせるような美しいけど不吉な雰囲気のする曲で、米津玄師でしか作り出せない歌詞だなと思います。何かに疲れた時、夕暮れ時でノスタルジックな気分になったときに聞くととても引き込まれてしまいます。

桜色さくら
失敗したときに励ましてもらっています。お別れの歌であると同時に、自分が発する言葉についてすごく考えさせられる曲。MVもすきです。
福寿草
viviに好きって言いたいけど自分の黒いところがあってどうしたらいいんだろうっていうのが感じられて人間らしいなと思って、米津さんの曲はどれも人間くさくて好きです。

8位 ゴーゴー幽霊船 5票

米津玄師の楽曲中でも、かなりキャッチーな部類に入るのではないでしょうか。それまで「ハチ」しか知らなかった人でも、街中でちょっと聞こえてきたこの歌に「おや?」と気がつける。そんなハチ・米津玄師の世界観が頭から全開になっている一曲です。

調子っぱずれのギター音、吸引音のようななんとも言えないビート音、さらに、これまた難解な歌詞。4分足らずの短い演奏時間にびっくりするほど様々な要素が詰め込まれています。ちなみに間奏や後奏でカウントダウンが入るのですが、「8」=「ハチ」だけ飛ばしていたりします。

投票者のコメント

tukiko
米津玄師ならではのカオスで排他的で仄暗い…けどポップで疾走感のある雰囲気が最高な曲です。歌詞もミュージックビデオの映像もかなり荒唐無稽で他の曲から群を抜いて独創的でとても好きな曲の一つです。
りか
好きなゲームのMMDとしてゴーゴー幽霊船が使われることがとても多いのですがなんとも言えない不思議な感覚になる曲だと思います。曲中にカウントが入るのですがそこも音ハメが気持ちよく聴けます。歌詞がとても好きです。
カペラ
不協和音が心地いい謎な曲です。
言葉遊びな歌詞も面白いですし、イラストも描いているそうでこの人の才能に驚かされた一曲です。

とま
歌詞は意味わからないけどなんだかすごく中毒性がある。何度も聞いてしまう。
あこ
能天気なタイトルからは考えられない、歌の歌詞というよりそのまま文学作品に出来そうな言葉の使い方がいい。MVの絵の世界観もいい。

11位 MAD HEAD LOVE 4票

言葉遊びに満ちた歌詞を、特徴的なメロディラインに詰め込んでコロコロと転がしているような曲。わざわざ歌詞カードを見なくても、聴いているだけで言葉のリズムを楽しむことができます。

必要に応じてまるで早口言葉のように歌詞をまくし立てるサビが印象的で、なんだかおちょくられているような気分になってきます。そして、歌はもちろん、バックでやかましくがなり立てるギター、電子音やコーラスがクセになり、一度聴いただけでは物足りない、何度も聴きたくなるようなサウンドに仕上がっています。

投票者のコメント

kk
リズムがとにかくクセになります。歌詞がうまくメロディーにのっていて何度聞いても飽きない曲です。
tukiko
ミュージックビデオを含めて好きな曲です。男女間の痴話喧嘩の(世界的に見たら日常的で小さな規模の出来事な)歌ですが「今はあざだらけの宇宙で」「君の全てで爆破して」など二人だけのこの世界ではかなりの大事だ!と言った雰囲気が伝わってくる名曲だと思います。
れい
リズムが良くて好き

みゆろん
高校の文化祭で踊って楽しかったです。

11位 春雷 4票

4thアルバム「BOOTLEG」に収録された一曲。まるでEDM(Electric Dance Music)のようなサウンドに4つ打ち、そしてラップのようなヴォーカル。正直、ニコニコ動画・1stアルバム「diorama」から追いかけてくると、信じられないくらいの変化です。

もともと緻密に作っていたサウンドの幅がどんどん広がっていき、歌の表現力も段違いになっています。BOOTLEGには他に「LOSER」「orion」といった有名曲が収録されていますが、この春雷も絶対に外せない名曲です。

投票者のコメント

tukiko
日本の純文学のような瑞々しくて美しい歌詞と色鮮やかなミュージックビデオの映像が素晴らしい曲です。気分が晴れない時や悩み事があるときなどに聞くとつい聞き入ってしまうお気に入りの曲です。
myon
1度聴くとハマってしまうリズミカルで独特な雰囲気が素敵だと思いました。
ガムテープ
イントロのメロディー
16分が取り入れられたトリッキーなメロディーが好きです。

こじこじ
メロディーが大好き。あんなメロディーを作れる米津さんは天才。

11位 ドーナツホール 4票

2013年、米津玄師が「ハチ feat.GUMI」名義でニコニコ動画にアップした楽曲「ドーナツホール」。こちらを米津玄師本人が歌唱し、アルバム「YANKEE」に収録したもの。アルバム内では「ホラフクネコヤロウ」という名前で収録されていたなので、聴いてみてびっくりした人も多いはず。

こういった遊び心も米津玄師ならではですね。原曲のボカロ・GUMIがかわいらしい女性の声で歌うバージョンも、米津玄師が歌うバージョンもそれぞれ味が違ってかっこいいです。

投票者のコメント

桜色さくら
セルフカバーされた曲ですが、わたしはこちらの方が好きです。まさに衝撃的というか、突然リピートしたくなる不思議な曲。
夜鶫堂
米津さんが「ハチ」名義でボカロPをやっていた頃の曲をセルフカバーしたもの。
当時から素敵な曲でしたが、個人的には初音ミクの女性ボーカルより、米津さんの男性ボーカルの方が好きです。
自分も、過去に好きだった女性との別れが会って、その人に対する未練がましい思いが情けなくなるくらいあるのですが、
そのポッカリとした喪失感のようなものを、こんなに素敵な歌詞とメロディーにできるのだなと、感動したのを覚えています。
どうか思い出の中の人が、幸せでありますように。
みゆろん
ハチ名義の時からこの曲が好きで、米津さんの作る曲が好きです。特にこの曲は、ハチさんと米津さんどちらもの表情も見られる気がして、気に入っています。

みっちー
もともとハチ名義でボーカロイドを用いた曲からずっと好きです。自分の過去や大切な人と重ね合わせてしまい、米津さんの声質や曲とマッチして心にしみてくるようような感じが好きだからです。

14位 メランコリーキッチン 3票

前奏、和音の上に乗せられた、台所道具をコンコンと叩いているような音がたまりませんね!もう、この前奏だけで曲の世界観がバッチリ伝わってきます。一つ一つの音を、米津玄師がとてもこだわりを持って作っていることがよくわかります。

また、歌詞中に使われる料理の名前も「これしかない」と思わせるチョイス。サウンド、歌詞、アレンジ。様々な要素が有機的につながって、一つの音楽を作り上げている、そんなお手本のような楽曲だと思います。

投票者のコメント

tukiko
雰囲気がとにかく素晴らしい一曲です。米津玄師の排他的で素朴な男女の世界観が強く現れていて、スルメソングでついリピートしてしまう曲です。
tomo
勢いのある曲調、口に出してみたくなる歌詞が良い。
夜鶫堂
恋人や夫婦など、愛し合う二人の喧嘩というのは、とてもよくあるシチュエーションだと思うのですが、その場面を「キッチン」や「食卓」にフォーカスを当てているのが、凄いな……と思った一曲。
どんなに気まずい喧嘩の後でも、やりきれない気持ちの食卓でも、美味しいものを食べれば、そういう気持ちも解けていく。
とても日常に直結した、素敵な歌だと思います。
余談ですが、カラオケ付きのスナックで歌ったら、妙にウケました(笑)。

15位 砂の惑星 2票

「どうも、ハチです。」という、昔懐かしい挨拶とともに公開された、初音ミクが歌う「砂の惑星」。そして、ニコニコ動画時代の懐かしいボカロ曲へのオマージュが飛び出す2番は鳥肌もの。オマージュはハチ自身の作品にとどまらず、当時ボカロ曲として大ヒットしていたナンバーなどにも触れられています。

米津玄師がハチとして活動していたあの頃、VOCALOIDが世を席巻していた時代を思い出さずにはいられません。4thアルバムではハチもとい米津玄師がセルフカバーしたヴァージョンが収録。

投票者のコメント

あこ
近未来な設定でありながらワクワク感や期待感などはなく、ひたすら「地に足が着いた」泥臭さがいいから。
れい
リズムが好き

16位 WOODEN DOLL 2票

歌詞が抜群にいいです!聴いているだけで心に沁みてきます。曲調自体は、いわゆる3拍子系のリズムも相まって、とても明るく跳ねるようなものです。そこに、傷ついた心にそっと寄り添ってくれるような、優しい歌詞があてがわれています。

「あの時あの場所で、そんな風に言って欲しかった」と涙がこぼれてしまうような言葉に、胸を打たれること間違いなしです。ちなみに、PVに米津玄師本人の姿が初めて映った記念すべき楽曲でもあります。

投票者のコメント

tomo
8分の6拍子という特徴的なメロディー、励まされる歌詞、ご本人登場のMVも印象的で良い。
福寿草
自分嫌いの君を好きな僕もきらいなの?というところが胸に刺さる。
歌詞に共感できて歌詞にすくわれる。

16位 アンビリーバーズ 2票

4thシングルとしてリリースされた「アンビリーバーズ」。CMにも使用されていたため、この曲をきっかけに米津玄師を知った人も多いのではないでしょうか。キャッチーで王道な曲調についついノっていると、サビ終わりなどに突然現れる奇妙な和音にいい意味でゾッとさせられます。

メディアやタイアップなどで比較的ウケやすい楽曲を狙いながらも、当てるべき場所できちんと当ててくる米津玄師「らしさ」。それまでのファンも、新たなファンも逃さず心を掴んでくるヒットナンバーです。

投票者のコメント

しめぢ
アップテンポな曲の方がもともと好きなんですが、この曲はP Vが好きでよく聞いていて好きになりました。
bestsmile1101
この曲が好きな理由は、メロディーがかっこよくて
ボーカルの音楽に対する真摯な感性が伝わってきて気に入ったからです。

16位 Flowerwall 2票

2015年1月14日にシングルとしてリリースされ、同年10月7日には3rdアルバム「Bremen」にも収録された一曲。ミディアムテンポの落ち着いた曲調は「サンタマリア」「アイネクライネ」と通じるものがありますが、より明るく希望に満ちた雰囲気に。

全曲を通して、まるでシャワーのようにサウンドを浴びることができます。マーチングのようなドラミングや、サビに向けて少しずつビートが盛り上がっていく部分で、毎回ワクワクしてしまいます。

投票者のコメント

bestsmile1101
この曲が好きな理由は、気品が感じられるメロディーで勇ましく、聞いていてクールに感じて
耳に残りやすくて良いと思ったからです。
向日葵
繊細なんだけど力強さも感じられる歌詞も好きですが、何といっても壮大な曲調が好きです。

16位 フローライト 2票

2ndアルバム「Bremen」リリース前に先行配信された一曲。とびっきり晴れやかなサウンドやコーラス。そして、MVに登場するかわいいけれどちょっと不気味な赤い着ぐるみ。

米津玄師の本領発揮といったこの曲が冠する「フローライト」とは鉱石の一種で、和名では「蛍石」とも呼ばれます。MVの映像にも登場していますが、淡い輝きが美しい石です。パワーストーンとしても見られているようですね。米津玄師の数多い作品の中でもとてもわかりやすく、親しみやすい楽曲ではないでしょうか。

投票者のコメント

こじこじ
MVもとてもかわいい。幸せになれる曲。
みっちー
サビのはじめの「フローライト」の声の高さがとても好きです。幸せな時に聴くと余計幸せになれるような気持ちにしてくれる曲だからとても好きです。心がおだやかになります。

20位 しとど晴天大迷惑 1票

2ndアルバム「YANKEE」収録。1stアルバム収録の名曲「駄菓子屋商売」を彷彿とさせる、遊び心120%くらいの一曲。「しとど晴天大迷惑」というタイトルからして、意味はともかく語呂が心地いいですね。心なしか米津玄師本人も楽しそうに歌っている気がします。

「とりあえず今日はいい1日にしたいぞ」という人は、この曲をエンドレスリピートしているときっと幸せになれます。ただし、油断していると2番サビ終わりでずっこけます。個人的に、実はYANKEEでは一番好きな曲かもしれません。

投票者のコメント

夜鶫堂
米津さんお得意(?)の「ぱっぱらぱ」が炸裂する名曲。
冴えなくてダサくて格好悪くて最低な日常を、ゲラゲラ笑い飛ばしちゃおう!
そんな、ダメダメだけど前向きになれる、不思議な曲です。
難しいことは放り投げて、声を出せ!

20位 恋と病熱 1票

米津玄師は宮沢賢治が好き──ということはファンならご存知かと思います。そして、この「恋と病熱」は、宮沢賢治の詩から引用されたタイトルになります。米津玄師のTwitter曰く「どうしても使いたかった」とのこと。

1stアルバム「diorama」の中でも、特に2018年現在の米津玄師に通じるものが強く感ぜられる王道バラード。ですが、不協和音の多用や、雑音にまみれて音声が途切れて終わるラストなど、ただ切ないバラードで終わらないところが、また米津玄師らしいです。

投票者のコメント

福寿草
歌詞が深くて愛したいこと愛されたいことが描かれていて、ずっと聞いていられる。

20位 花に嵐 1票

切ない歌詞を乗せながらも、ノンストップでテンポよく進んでいく楽曲です。一見すると、とてもストレートでシンプルなガンガン系の音楽に聴こえるのですが、よくよく耳を凝らしてみると、随所に工夫が凝らしてあります。

例えば、2番Aメロで音数が減るところはとてもわかりやすいですが、1番Aメロでも、徐々に効果音や声部が増えて行くのがわかります。他にもサウンドの変化が雨あられと降り注いでいる作品。この「花に嵐」に限らず、米津玄師の歌を聴いていると、きっと耳の使い方が変わってくることでしょう。

投票者のコメント

tomo
一つの物語の一部を聴いているようで良い。

20位 ホープランド 1票

3rdアルバム「Bremen」で、最後のクライマックスを迎える直前に置かれた一曲。ドラムのリズムや民族音楽の笛が小さく吹き鳴らされているようなサウンドはとても明るく、まるで南国の音楽のような雰囲気さえあるのですが、歌詞をみるとまったく印象が変わります。

また、Bremenリリース前のインタビューで、このホープランドはアルバム1曲目の「アンビリーバーズ」と対になっていると語られている点からも、奥深い作品であることがわかります。

投票者のコメント

夜鶫堂
最近、ネットの世界でも、現実の世界でも、目に付く人たちを叩いて潰して……という風潮が目立つような気がします。
子供の頃からいじめられっ子だった自分は、それに対して凄く居心地の悪さを感じる反面、自分自身も気付くと感情的には叩く側に回っているという、気持ち悪さを覚えることが大半です。
本当にそれでいいのかなという疑問符や自己嫌悪感が浮かぶ中で、いつもこの曲を思い出します。
「それが世界の全てじゃない」と歌う米津さんの声に、少し自分を取り戻せるような気がしています。
もっと優しい世界になれたらいいな。

20位 サンタマリア 1票

米津玄師がメジャーデビューを飾った、記念すべき1stシングルで、「アイネクライネ」「恋と病熱」のようなバラード。ただし、この曲はストリングスが使用されているのが印象的。

安易に使ってしまうと途端に陳腐になってしまうストリングスを、うまくなじませて、曲全体に奥行きが生まれています。ヴァイオリンだけでなくチェロの音域もきちんと使い分けているところもナイスです。ちなみに、「サンタマリア」とは聖母マリアのことです。

投票者のコメント

bestsmile1101
この曲が好きな理由は純粋な心が豊かな感受性と共に歌われていて、
前向きに進んでいく様子がうまく歌詞に表現されていると思ったからです。

20位 Nighthawks 1票

「ピースサイン」のように真っ直ぐな印象を受ける「Nighthaowks」。直訳すると「夜の鷲」ですが、この曲名はエドワード・ホッパーという、アメリカの画家の絵から取ったものだそうです。

ちなみに、エドワードの絵は深夜の食堂の風景を描いたものですが、歌の内容との接点はどんなものなのか……こういった考察のタネが尽きないのも、米津玄師の音楽にハマる要因の一つでもあります。4thアルバム「BOOTLEG」収録曲。

投票者のコメント

ガムテープ
歌詞
イントロの””今はとにかく星が見たい 君の隣で””という歌詞が好きです。

20位 Blue Jasmine 1票

3rdアルバム「Bremen」に収録され、最後を飾った楽曲。「ホープランド」と「アンビリーバーズ」の関係と同じく、このBlue Jasmineもアルバム収録中の他楽曲と対になっています。ちなみに、その楽曲とは「メトロノーム」だそう。

なるほどそう考えると、まるでブレーメンの音楽隊のような曲調、そして、どこか不安げながらも前進しようとする姿勢が見える歌詞は、二人で同じ早さを刻もうとするメトロノームと好対照になっています。

投票者のコメント

tomo
ひたすらに甘い曲で良い。

20位 リビングデッド・ユース 1票

2ndアルバム「YANKEE」第1曲目に収録された楽曲。1stアルバム「diorama」の、どこか不思議で寂しい印象から入った人は、2ndアルバムのど頭からこの曲で驚いたかもしれません。

いきなり米津玄師の快活なコーラスから始まり、まるでおもちゃ箱のようなサウンドやリズムで終始駆け抜けていく歌は、「YANKEE」というアルバム、そして米津玄師のこれからの音楽性を示していたような気さえします。聴きながらずっと踊っていたくなるようなノリのいい一曲です。

投票者のコメント

夜鶫堂
時折、過去の悲しい記憶を思い出して、何もかもが嫌になることがあります。
それは、もがけばもがくほど苦しい、痛みを伴うものです。
ずっとそうやって生きてきましたが、そのことを理解してくれる人はとても少なく、「バカなこと言って」と笑われることが大半でした。
でも、この曲に出会って、「あぁ、自分だけじゃない」という事実に気付けました。
苦しくて、世界を好きになれなくて、そんな気持ちを持っているのは一人じゃないんだ。一緒に生きていこう。
そんな、優しい勇気をもらえる一曲。
ほぼ毎日のように聞いています。