パソコンのブルーライトを低減しよう!設定のやり方とは?

パソコン

どーも!以前にも増して不規則な生活になっているわたしです。

ここ数年「ブルーライト」って言葉を、よく耳にするようになりましたね。この言葉は、10年以上前からあったんですが、2012年を境に、一気に世間に広まったんです。

この理由には、パソコンやスマホ、タブレットの需要が高まっていく中で、とあるメガネ会社が「ブルーライトカットメガネ」を、大々的に売り出したことが関係しています。

スポンサーリンク

それによって、ブルーライトの認知が広まり、「目に良くないんだ~」って対策をする人が増えたんですね。ま~僕も思いっきりその中の1人であります(笑)。

それで、ブルーライトって、わざわざお金を出してメガネを買ったりしなくても、パソコンの設定をちょいといじるだけで、簡単に低減できちゃうんですよ。

ただ申し訳ありませんが、全てのPCに対応しているわけではありません。対応しているのは以下のタイプです↓

  • OS⇒Windows7
  • グラフィックカード⇒インテルプロセッサ内蔵GPU

ではやり方を、実際の画像を交えてご紹介していきますね。

ブルーライトを低減するパソコンの設定方法とは?

1.まず、デスクトップ画面(ファイルなどが無い部分)でマウスを右クリックします。

すると、下の画像のようなメニュー画面が表示されます。その中のグラフィックプロパティ(画像の赤枠)をクリックしてください。

ブルーライトを軽減するパソコンの設定手順1

2.グラフィックプロパティをクリックすると、下の画面が表示されます。真ん中の詳細設定モードをクリックしてください。

左の丸の中にチェックが入るのを確認したら、右下のOKをクリックしてください。

ブルーライトを軽減するパソコンの設定手順2

3.OKをクリックすると、下の画面が表示されます。左メニューの中にある、色調整をクリックしてください。

ブルーライトを軽減するパソコンの設定手順3

4.色調整をクリックすると、右画面が下の画像のように変わります。その右面の全色をクリックすると、色を選択できるので、その中からをクリックしてください。

ブルーライトを軽減するパソコンの設定手順4

5.青を選んだら、明るさの設定をバーを動かして-30まで左に動かします。※初期は0です。

ブルーライトを軽減するパソコンの設定手順5

6.青の設定が終わったら、同様にの設定もしてみましょう。赤の場合は、明るさを+5に設定します。

ブルーライトを軽減するパソコンの設定手順6

7.赤の設定も終わったら、右下の適用をクリックして終了です。


この設定をすることで、パソコンのブルーライトを抑えることができます。

でも最初は、めっちゃ違和感あります…。

それで「こんな画面でネットなんてできるか!」って発狂しそうになりますが、不思議なもので2日目は全然気にならなくなります。

髪の毛をバッサリ切ったり、茶髪を黒髪に変えたりした経験がある人なら、わかると思いますが、2、3日するとなじんでくるんですよね。それと同じです(笑)。

さて、これで目に優しいディスプレイになったわけですが…そもそも、ブルーライトって何で目に悪いと言われているんでしょうか?見てみましょう(・∀・)ノ

ブルーライトってなぜ目に悪いの?

紫外線とブルーライトは兄弟関係!

紫外線とブルーライトは、非常に近いものなんです。
言わば、兄弟関係にあたります。この場合は、紫外線で兄で、ブルーライトが弟です。

紫外線に当たり過ぎると、皮膚はどうなりますか?

そう!日焼けしますよね。

それで、日焼けを防ぐためには、UVカットの帽子やサングラスなどを身につけて、紫外線から身を守る必要がありますよね。最初に書いたように、紫外線とブルーライトは兄弟。

ということは、もうわかりますよね。

ブルーライトも紫外線ほどではないものの、長い時間当たっていると、目の負担になります。そして、それが疲れ目や痛みの原因になります。

最近では、肥満や睡眠にも関係しているようです。
それで、以前にも増して、ブルーライトは目に悪いって言われているんです。

スポンサーリンク

さて、ブルーライトがなぜ目に良くないか、わかっていただけたでしょうか。

パソコンの設定を少し変えるだけで、ブルーライトカットできてしまうんですから、これをやらないのはモッタイナイですよね。なんせ無料ですからね!

僕はパソコンが無いと生きていけないので、うまく付き合っていく方法を日々探しています。また「これ良いじゃん」って思うものがあったらガンガンご紹介していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。