ランニング中の脇腹の痛み!原因はこの4つ

ランニング

ちょっと悩みがあるんだけど…ランニング中に脇腹が痛くなるんだよね..これって何が原因なの?
あ~脇腹痛か~。わたしも始めたことは、結構悩まされていたよ。色々原因があるから、1つ1つ説明していくね。
そうなんだ!よろしくお願いします♪
よし、じゃいってみよう♪

スポンサーリンク

脇腹の痛みには4つの原因があった

1.食べ物が消化しきれていない場合

ランニング前に食べた物が、胃の中に消化されずに残っていると、ランニング中に、振動をしたり、圧力がかかったりして、脇腹の痛みの原因になります。

予防するには?

食事から、2時間くらい空けて、ランニングを始めるようにしましょう。朝などは、消化の早い、バナナやゼリーなどを食べれば、30分~1時間前でもOKです。

また、満腹になるまで食べないことや、よく噛んで食べるということにも気をつけると良いでしょう。

2.ウォーミングアップ不足の場合

ウォーミングアップが不十分で、走り出してしまうと、脾臓(ひぞう:左下腹部)の血液が急に押し出され、脇腹の痛みの原因になります。

脾臓とは?

血液を蓄える機能がある。筋肉が大量の酸素を必要とするような運動時には、脾臓から貯蔵されていた血液を駆出することで充分な酸素を筋肉へ送り届けることが出来る。

wikipediaより引用

予防するには?

ウォーミングアップをしっかりとしてから、走り出すようにしましょう。ポイントとしては、息が少し上がるくらいのウォーミングアップをしましょう。

3.オーバーペースの場合

一気に走るペースを上げてしまったり、マラソン大会などで、いつもよりオーバーペースで走ってしまうと、横隔膜が痙攣(けいれん)を起こして、脇腹の痛みの原因になります。

予防するには?

ペースを上げる時は、徐々に上げるように心掛けましょう。始めたばかりの人は、いきなり、ランニングではなく、ウォーキング⇒ジョギング⇒ランニングという感じがオススメです。

オーバーペースにならないようにするには、自分がどのくらいのペースで走れるのか、ランニングウォッチなどで把握しておくことが大切です。

4.大腸にガスが充満した場合

大腸にガスが溜まってしまい、それが充満した状態で走っていると、腸内が圧迫されて、上の方に集まってきます。それが脇腹の痛みの原因になります。

予防するには?

ランニング中なら、痛くなった方の腕を上げて、体をそらすことで、ガスが分散し、楽になります。

また、ランニング前の食事に、芋類や炭酸飲料など、ガスが溜まりやすいものを、避けるようにすると良いです。

スポンサーリンク

さて、ランニング中の脇腹の痛みについて説明してきたけど、どうだった?
よく考えてみると、私は、無理なペースアップが原因だったのかも…他にも、なるほどっていうことがいっぱいあって、参考になったよ。
それは、良かった!ここで紹介したことで、脇腹の痛みは激減すると思うよ!
うん!ありがとう。またよろしく頼みます♪
おう♪