お風呂場のカビ掃除には塩素系漂白剤を!専用スプレーよりも効果を実感

掃除

家の中で一番カビが多いところ。それはお風呂です。我が家は築30年近いアパートで、引っ越して来た時から壁にカビのシミがあり、年期が入っている感じです。

お風呂のイスは、こまめに洗っているつもりではいますが、やはり濡れた床に置きっぱなしなためか、見るたびカビが出ています。

本当はパッキンのような足がついていたのですが、これについているカビがあまりにも取れづらく、大分前に足を捨ててしまいました。足をはめてあった隙間にカビが生えやすいです。

今まで、カビ専用のスプレーをしてラップでパックしたりしてきましたが、見違えるほど気持ちいい!とさっぱりカビが取れたことってありませんでした。

だから余計にお風呂のカビって見て見ないふりをしてきた気がします。今回はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

風呂カビ掃除に挑戦

材料

osouji-huro-kabi-8

  • 塩素系漂白剤
  • 片栗粉
  • ラップ
  • 空き容器(今回は食品トレーを使用しました)
  • ゴム手袋

掃除の仕方

【1】ゴム手袋をし、空き容器に片栗粉を適量入れます。


【2】片栗粉とほぼ同量の塩素系漂白剤を入れて、粘りが出るまでよく混ぜます。(私はゴム手袋をしたまま手で混ぜました)

osouji-huro-kabi-5


【3】カビが生えているところに塗りつけます。

osouji-huro-kabi-6


【4】乾燥しないように、ラップでパックをします。私はこのラップを貼り付ける作業がどうも苦手なようでうまく貼れません(;’∀’)

osouji-huro-kabi-7


【5】20分ほど放置し、お湯ではなく水でしっかりすすぎます。お湯だと片栗粉が固まってしまいます。排水溝に流れた後も多めの水を流しておきましょう。

では掃除結果を見ていきましょう!

掃除結果

鏡横

シャワーのポタポタがかかってカビやすい場所。


before

osouji-huro-kabi-1

after

osouji-huro-kabi-9

右側は変化ありませんが、左側のポツポツだけなぜか消えています!カビにも種類があるのでしょうか?

浴槽横

子供のオモチャ「水で消えるお風呂のクレヨン」をスポンジで消すと、ここに色水がたまりやすい。何でここに溝をつけるんだろうといつも思う。

before

osouji-huro-kabi-2

after

osouji-huro-kabi-10

こんな白かったっけ?てくらいカビが消えてます!

洗い場足元

ココの溝も何であるの?といつも思う。いろんな泡がかかってカビやすい。

before

osouji-huro-kabi-4

after

osouji-huro-kabi-11

変わってない…?と思いきや写真を比べたら少し消えてました。溝にしみこみにくかったのか。

お風呂椅子

メラミンスポンジでこすればいつも何となくは落ちるけど、足の溝の中までは落ちない。

before

osouji-huro-kabi-3

after

osouji-huro-kabi-12

写真で比べると明らかに綺麗になってる!!


今回、お風呂全体のカビがごっそりスッキリ綺麗になりました!…とまでは行きませんでしたが、今までカビ取り剤パックでビクともしなかったところが綺麗になっていました。

これでも取れないのは、カビの種類が違うのか、根の深さが違うのか・・・。カビ取りスプレーよりネバネバしていて、すぐ垂れないところがポイントだと思います。

スポンサーリンク