髪の毛を早く伸ばすには?ストレスは悪いの?

髪の情報

髪の毛を早く伸ばすためどうしたらいい?

ストレスって髪にも悪いのかな?

ストレスが原因で病気になることって、最近はとても多いですよね?そんな私も、7年ほど前は、会社のストレスで精神的に危ない時期もありました。そのときの体調って考えてみると、悪い部分ばっかでした。

寝れないし、便秘になるし、ご飯も食べたくないし・・みたいな感じで色々なことが狂っていました><;その時って、実は髪の毛にも影響を受けていました。

それは、坊主にしたときに気づきました!「ジャリッパゲ」ができていました・・細かい円形脱毛症が頭全体にできていたのです。かなり衝撃的でした!こういうこともあって、自分でも、ストレスが髪に悪い影響を与えることを実感できました。

で、よくよく調べていくと、髪の伸び方にも影響が大きいとわかったのです。過度なストレスは、髪の伸び方も悪くなります。反対に、ストレス軽くすれば、髪の伸び方も早くなるということです!では、ストレスが髪にどのような影響があるのか詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

髪の伸び方とストレスの関係

まずストレスは、血行を悪くします。自律神経って聞いたことがある人も多いと思います。実は、この自律神経が、血液をコントロールしているんです。で、何かに失敗したり、怒られたりなどストレスが大きくなると、血管を収縮させてしまうんです。

血液の流れが悪くなることで、肩こりや首のこり、そこから、頭皮に流れていた血液の流れも悪くなってしまいます。血液は、髪の成長に必要な栄養分を、運んでくるという大切な役割があります。なので、血行が悪くなると必然的に、髪の成長は遅くなり、それが長く続くと、最悪抜け毛になってしまいます。

次に、ストレスは睡眠障害をおこす場合があります。不眠症といわれているものですね。布団に入っても、全然眠れない・・・結局、昼間に眠くなってしまう・・・寝る時って、副交感神経が作用しているので眠れているのですが、ストレスが副交感神経の働き弱めてしまうんです!なので、眠れなくなってしまいます。

寝ている間って、成長ホルモンが分泌されるので、これが髪の成長にも大きく関わるんです。なので、眠れない状態が長く続くのは、髪にとってもよくないです。以前の記事で、質の良い睡眠についてふれている記事がありますので、現在よく寝れてないなと思う人は、参考にしてみてください。

あとは、ストレスで内臓の働きに悪影響がでます。胃に穴が開いてしまったりする人も多いのではないでしょうか。内臓の働きが悪くなってしまうと、髪の毛を育てるために必要な成分(タンパク質、ビタミン、ミネラルなど)の吸収が悪くなります。

これによって、髪の毛の成長は悪くなってしまいます。なので、ストレス発散でお酒を飲みに行ったつもりが、飲み過ぎで胃をさらに、悪くさせてしまい、さらに、髪にも悪い影響になっていまうこともあります。飲み過ぎにも気を付けたいものです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
ストレスが髪に与える影響は、とっても大きいことがわかっていただけましたでしょうか?現代を生きる限り、ストレスと戦い続けなければいけません。ストレスをいかに発散して、溜め込まないようにするかが重要です。

ちなみに私のストレス発散法は、好きなアニメやゲーム、マンガなどを見ることです(笑)結局、現実逃避しているだけなのかもしれませんが、そういう時間を過ごすことで、日々を楽しく生きられています。あなたに合った、ストレス解消法はあるとおもいますが、なかなか見つからない人は、オタクになってみましょう♪(笑)

ストレスでイライラしてしまう人はこちらの記事を参考にしてみてください。私のイライラ解消法をガッツリ書いています↓
ストレス発散!イライラをスッキリ解消させる方法はコレ!

ストレスから解放されたら、髪の伸び方は確実に早くなりますし、前よりも、しっかりときた髪の毛が生えてきます!どんどん良い毛を伸ばしていってください。最後までありがとうございました。

スポンサーリンク