余った年賀状は交換できる?その他の使いみちも知りたい!

211c7c5710aba3572698f89ab66e889f_m

年賀状って、年に一度のことなので、宛先の住所を書きまちがえてしまったり、自宅でプリントする場合、印刷ミスしてしまったり。

ミスした分だけ買い足すこともできるけど、そんな時間に余裕もないし…
てことで、あらかじめ余分に買う、という方も多いと思います。

我が家もそうです。ところが、意外とミスも少なく済んでしまい…。笑

値段にすれば数百円ですが、もったいない〜!

これって交換してもらえるんだっけ?どうするのが一番得なんだろ?

ということで、調べてみました!

余った年賀状はこんなものと交換できる!

余った年賀状、失敗した年賀状は、郵便局で手数料5円を払えば交換してもらえます。(ただし汚れたり破れたりした料額印面(切手にあたる部分)は無効となるので注意)

交換できるもの

  • 切手、特殊切手
  • はがき
  • 年賀はがき(販売期間内のみ)
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒)

切手やはがきなら、いつでも使えるのでいいですね!切手はゆうパックの送料の支払いにも使える(コンビニは現金のみ)ので、普段あまり手紙を書かない…という方にもオススメです。

失敗したはがきは、買い足さずに交換してもらった方が得ですね!でも中には、すぐに交換せずに、お年玉年賀はがきくじを楽しんでから、年賀はがき以外のものに交換する人もいるようです。

確かに、当たっていたらそっちのほうが得ですね。

郵便局の交換に関するQ&A

Q. 去年や数年前に余った年賀はがきも交換してもらえるの?

A. 交換できます。ただし、今年の年賀はがきへの交換はできません。

Q. 印刷済みのはがきでも交換してもらえるの?

A. 交換できます。

Q. 住所違いで戻ってきたはがきも交換してもらえるの?

A. 一度投函しているため、交換できません。

Q. 送られてきた年賀状は?消印がないからバレないんじゃ??

A. 交換できません。年賀状は消印はありませんが、目に見えない特殊インクのバーコードが印字されているので、バレます。

Q. 身内で急な不幸があり、年賀状を出せなくなってしまった。

A. 服喪のために利用できなくなったものは、手数料無料で交換できます。

Q. インクジェット紙の年賀はがきを買いたかったのに、間違えて普通紙で買ってしまった。

A. 誤購入は、手数料無料で交換できます。交換するはがきの種類によっては、別料金が必要です。

急な喪中や買い間違いは、大損になるのかと思いきや、手数料無料とは嬉しいサービスですね!

ほかにもあった!余った年賀はがきの有効な活用法

郵便局で交換できるのはわかったけど、ほかにももっと有効な使いみちってないのかな?
ということで、余った年賀はがきの、ほかの活用法を調べてみました!

  1. 金券ショップで換金
  2. 普通はがきとして使う
  3. 寄付する

①金券ショップで換金する!

余った年賀はがきを金券ショップに持ち込むと、お店によって多少価格は違いますが買い取ってくれます。

だいたい相場は35円程度のようです。

余った年賀状の数が多く、面倒でない方は、一度郵便局で切手シートに交換してから金券ショップへ持って行くと、年賀はがきそのままよりも、切手シートの方が買取価格の相場が高いので、よりお得です。

普段手紙も書かないし、ゆうパックも利用しない、という方は、郵便局で交換してもはがきがたまっていくだけですが、そんな方は金券ショップへ行くのがオススメです。

②普通はがきとして使う!

実は、年賀はがきは、年賀状の時期を過ぎても普通はがきとして使うことができるんです。

「年賀」の文字を二重線で消せば良いのです。

でも、さすがに普通の手紙を出すのに二重線で消した年賀はがきを使うのは、マナーとしてはあんまり…ですよね。

実は、普通はがきとして使っている方の多くは、懸賞の応募用に利用されています。

今はネットでの懸賞も多いですが、はがきの懸賞をよくする方は、年賀はがきを多めに購入して、お年玉年賀はがきくじをしっかり楽しんで、余った分は懸賞で使うわけです。

年賀はがきを利用したら、懸賞の対象外にされてしまうのでは??

とも感じる方もいるかもしれませんが、実際年賀はがきで応募して当たっている方もたくさんいるので、そんなことはないようですね。

逆に普通はがきより目立っていいという声もあります。

なんだか楽しみがあっていいですね!当たればもちろん年賀はがき料金以上の得になります。

わたしは普段懸賞はやっていませんが、今後余った分で懸賞をしてみようと思います!

③寄付をする!

余った年賀はがきや書き損じはがきで、なんと寄付ができます。

国際協力シャプラニールというところに年賀はがきを送ると、②のように年賀はがき→切手シート→換金をして、その額がそのまま国際協力活動への寄付になります。

そのほか年賀はがきで寄付ができるところを調べると、

JVC(日本国際ボランティアセンター)、公益財団法人ジョイセフ、NGOプラス…などなどこれら以外にもたくさん出てきました!

自分が寄付をしたいと思ったところへ送りましょう。

自分の損得とかではないですが、余った年賀状で、必要としている誰かのためになるなんて、素晴らしいですね!

これなら誰でも気軽に寄付できます。ある意味一番有効な活用法かもしれませんね!


こうやって調べてみると、郵便局もその他の使いみちも、無駄のない方法ですね!
余った年賀状を上手に交換、または使い切ることで、気分もスッキリ、よい一年を送りましょう(^^)!


PAGE TOP