年賀状の宛名!連名の正しい書き方は?

年賀状

7792464e46348cfddc0bd786cc1a5a64_m

年賀状といえば、独身時代は、仲の良い友人に数枚出す程度でした。

ですが現在は、自分も友人も結婚して、結婚式に来ていただいた親戚に年賀状を出すようになったり、友人からも、夫婦連名、家族連名の差出人で年賀状が届くようになったりしてきました。

でも…。

「親戚にあてる場合って、誰の名前で出したらいいの…?世帯主?夫婦連名?」

「仲の良い友人にも家族連名で宛名を書くべきなのか…?」

わからないことがいろいろ出てきたので、正しい連名の書き方について調べてみました!

スポンサーリンク

連名で書く場合、順番にルールはあるの?

個人の場合

一般的には、世帯主と奥さんの連名で書きます。親戚あては、夫婦連名がいいですね。

友人あての場合は、友人の夫または妻と直接親交のある場合は連名で、ない場合には友人のみの名前で出す方が多いようです。

世帯主を一番右に、それから妻、子どもの順です。

二人目からは苗字は省略しますが、敬称(様)は全員につけます。

家族人数が多い時には、「○○家御一同様」「ご家族一同様」「ご家族様」と省略も可能ですし、夫婦のみの連名でも構いません。

ビジネス関係の場合

通常年賀状は個人で保管するものなので、ビジネスの場合連名は使いません。もし担当者が複数いる場合には、それぞれに出すのがいいですね。

宛名を書く向きは縦書き?横書き?

上司や先輩、恩師など、目上の方や会社関係者にあてて書く場合には、縦書きが望ましいです。

友人や親しい人への場合は、横書きでも大丈夫です。

この場合、通信面(宛名面の裏面)の本文の向きも宛名面の向きと合わせたほうがいいですね。

宛名に子どもの名前は入れたほうがいいの?

面識があるかどうかを基準に入れている人が多いようです。

入れなくても問題はないですが、親戚や、面識のある親の友人から自分の名前が入った年賀状をもらえると、子どもは喜ぶでしょうから、入れるといいですね。

敬称は「様」が基本ですが、「くん」や「ちゃん」でも問題ありません。


連名の基準は、面識があるかどうかで判断する場合が多いようです。

逆に面識がある親戚や友人夫婦から自分宛てに手紙をもらったらうれしいですよね。

悩んだら、自分がもらう場合どうか、と考えてみるといいかもしれませんね!

スポンサーリンク