妊婦の口内炎!原因を知ってキッチリ予防しましょう!

子育て

妊婦の口内炎というのは、薬を使うことが難しいので、出来るだけ予防したいですよね。だからこそ、原因をしっかり知っておきましょう!

そしてもし口内炎になってしまった場合には、簡単にできる治し方も覚えておいてくださいね。

妊婦の口内炎の原因は?

妊娠中は特に初期のころ、口内炎が増えてしまう場合があります。これはつわりが原因であることが多くあります。つわりによってハミガキがうまくできなくなってしまうのです。

もちろんそれだけでなく、食欲があまりなかったり、偏食が過ぎるような場合には、栄養バランスが崩れます。それが原因で口内炎になってしまうのです(ノω<;)

そして妊娠初期といえば、女性ホルモンの変化!

妊娠することで女性ホルモンが多量に分泌されてしまうために、ホルモンバランスが不安定になります。不安定なホルモンバランスというのは、そのまま免疫低下に直結してしまいます。

そのため、口内炎ができやすくなるのです。

結局のところ、口内炎の原因にはコレ!といった、分かりやすい原因があるわけではありません。色々な原因があるのが実情ですね。

口内炎の予防方法

とはいえ、ある程度予防する方法を知っておく必要があります。

  • ハミガキを食後に必ず行う
  • サプリメントを利用する

これらだけでも一気に口内炎は減ってきますので、ぜひ実践してみてくださいねヾ(*´∀`*)ノ

口内炎になってしまったら…?

口内炎が出来てしまったら、後はこれを撃退するしかありませんよね。

一番のお勧めは「ハチミツを患部に塗る!」という方法!

つわりでハチミツが嫌、という場合でない限りは一番簡単で負担も少ない方法になりますね。ただし、ハチミツを塗ってみるとわかりますが…思ったよりしみますので、注意してください(ノω<;)

そしてもう一つの方法は、「塩水でうがいをすること」

ハチミツに比べると痛みが強い方法なのですが、塩水うがいを我慢した後は、一気に痛みが軽くなってきます!口内炎を手っ取り早く殺菌するなら、塩水うがいが楽ですね。

ハミガキができない…

実はこれは私だったのですが…妊娠初期、つわりでハミガキができなくなったのです。ただしこれには理由がありました。問題はハミガキ粉だったのです!

ハミガキ粉の匂いがダメになってしまって、ハミガキをするたびに吐き気がありました。ですので、ハミガキ粉をつけずにハミガキをするようになりました。

私の場合には、ハミガキ粉をつけない分、ハミガキの回数は多めにしていました。そのおかげか、口内炎に悩まされずには済みましたヾ(*´∀`*)ノ

もしハミガキ粉の匂いが…なぁんて方がいましたら、ぜひ、ハミガキ粉を使わずにハミガキをするようにしてくださいね((・´∀`・))