ノートPCのキーボードを掃除してみた!家にあるモノで簡単にキレイになったよ!

パソコン

自宅でパソコンを使って仕事をしているのですが、最近、自分のPCをみて思ったことがあります。

キーボード汚な過ぎだろ…(´Д` )

1年365日、PCをさわっているので、よく考えてみれば(いや、考えなくても)、手垢やほこり、細かいゴミなどが付いて当然ですよね。

ちなみにぼくは、富士通の「FMV LIFEBOOK AH77/G」というノートパソコンを使っています。このPCを買って約2年ほど経ちますが、その間、掃除をした記憶が無いので考えただけでもヤバそうです(笑)。

そんな訳で、キーボードの掃除をしよう!と立ち上がりました。

ここでは、ぼくが実際にやってみた、簡単なキーボードの掃除方法をご紹介しますので、これから掃除しようと思っているあなたのご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

掃除方法はどんなものがあるのか?

まずは、キーボードの掃除方法はどういったものがあるのか見てみましょう。

お家にあるもので出来る簡単な方法としては、

  • 掃除機で吸い取る。
  • ドライヤーで吹き飛ばす。
  • セロハンテープや付箋を使う。

などが挙げられます。

あとは、エアダスターやブラシ、スライムのようなジェルなどの専用グッズを使う方法や、キートップを外し洗浄するという方法があります。

もちろん、一番キレイになるのは最後のキートップを洗浄する方法ですが…時間も手間もかかるのはたしかです。そこまでしなくてもいいかなっていう人もいるでしょう。

ということで今回ぼくは、専門グッズを使わず、家にあるもので簡単に掃除する方法を試してみることにしました。

実際に掃除してみた!

まずはこちらをご覧ください↓

キーボードの掃除結果

どうですか、このBefore⇒After?巧も真っ青って感じでしょ(笑)

ぼくがやったのは、

  • 大まかなホコリなどをドライヤーの冷風で吹き飛ばす。
  • セロハンテープでキーボードの上をペタペタしまくる。
  • 除菌シートで拭く。

この3つの手順だけです。

キーボードって、隙間があるじゃないですか?そこにホコリなんかが溜まるんですよね。

それなんで、一回ひっくり返して、バンバン叩きたいとこですが、もちろんそんなことノートPCはできませんよね。キーボードが分かれているデスクトップなら可能ですが(笑)

そこで、ドライヤーの風を利用して、ホコリを吹き飛ばすんです。わざわざ、エアダスターなんて買わなくても、ある程度はこれだけでもキレイになります。

次に、風だけでは飛ばなかったホコリやゴミを、セロハンテープで取っていきます。イメージはこんな感じです↓

掃除中

爪をつかって、細かいキーの角などにも貼りつけるといいですよ。けっこうガッツリやっちゃってOKです。

そして、このペタペタ作業をひたすら繰り返すだけで、細かいゴミがどんどん取れていきます。これがめちゃめちゃ爽快なんですわ。

最後に忘れちゃいけないのが、消毒です!

キーボードって、めちゃんこ汚いんですよ。菌がうようよいる状態なんです。ちなみにキーボードは便座よりも汚いっていう情報もありましたのでぜひご覧ください。

表面上は、これまでの手順でキレイになっていますが、除菌シートや消毒するもので、キーボードを拭いて仕上げましょう。ただ、このとき水分がありすぎると故障にもつながるので充分に注意が必要です。

これでキーボードの掃除は終了です!

スポンサーリンク

冒頭にも書いたように、2年近く、ろくに掃除もしなかったんですから、そりゃもうビックリするくらい汚かったわけです。その画像はグロすぎて載せるのを辞めました(笑)。

でも、どこの家にもあるドライヤーとセロハンテープで、めちゃめちゃキレイに生まれ変わりました。しかも、掃除に使った時間は10分もかかってないです。(なぜここまで汚れを溜めといたんだろう…)

キレイになると、不思議なもので、今度は他の汚れている部分が気になってきました。今度は、画面か…?…あと、キートップを外して、徹底的な掃除もしてみようと思います。

きっと毎日、使い終わったら軽く拭いておくだけで、キレイなキーボードが保てるんでしょうね。そうわかりつつも、できないぼくです(笑)。小さなことでも、いざ実行するってなると動けないんですよね…どうしたものでしょうか。