2017年の秋分の日はいつ?意味もわかりやすく!

二十四節気9月,

IMG_9666

毎日毎日暑くて、溶けちゃいそうで、家にいても汗がベタベタして、夏ってついイライラしてしまいます。

「この暑さいつまで続くの?秋が恋しい!!秋の始まりっていつ?」

こんなことを毎日考えているとき、テレビなどで「秋分の日」という言葉を聞くと、なんだか暑さの終わりが見えた気がしてちょっとホッとしませんか?

でも、実際秋分の日がどんな日なのかよく知らないし、そもそもいつかもちゃんと知らない…

ということで、秋分の日がいつなのか?どんな意味なのか?調べてみました!

スポンサーリンク

2017年の秋分の日はいつ?

今年(2017年)の秋分の日は、9月23日(土)です。

2017年9月のカレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

秋分の日は、昼と夜の長さがほぼ同じになる日で、9月23日頃です。

二十四節気のひとつで、国民の祝日です。

この日を境に、昼間がだんだん短くなり、秋の夜長の季節になっていきます。

ちなみに、春分の日も同じく昼と夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に昼間がだんだん長くなっていきます。

9月23日「頃」と説明しましたが、実は秋分の日は、毎年同じ日ではないんですよ!

すごーく簡単に理由を言うと、一年が365日ではないからで、毎年2月1日に、国立天文台が作成する「歴象年表」という小冊子に基づいて、来年の秋分の日が決定されています。

計算式で秋分の日が求められるようですが、調べてみたら私には難しかったです(*_*)

ほかの国民の祝日と違って、「毎年○月○日」とか、「毎年○月の第○ △曜日」とかではないので、カレンダーで確認しましょう。

では、この国民の祝日でもある秋分の日に、意味はあるのでしょうか?

秋分の日の意味は?

秋分の日は、「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」として、1948年に法律で制定されました。

秋分の日(春分の日)と、その前後3日間を合わせた合計7日間のを「彼岸」といいます。

彼岸の初日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸の明け」、真ん中である秋分の日(春分の日)を「彼岸の中日」といいます。

お彼岸は、お墓参りなどをして先祖の霊を供養する行事なので、まさしく祖先を敬い、故人を偲ぶ日ですね。

でも、元々この日は、「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」といって、歴代天皇や皇后、皇族の霊をまつる皇室の大祭だったんです。

しかし戦後、皇室や神道に関する行事は排除され、「秋分の日」として制定されました。

「秋分の日」と「お彼岸」て、一見つながりがなさそうですが、秋分の日はお彼岸の中にある大事な日だったんですね!

祝日でもあるので、この日にお墓参りをする家が多いようです。家族が揃いやすいからっていうのもあるでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

2017年の秋分の日は、9月23日(土)

秋分の日(春分の日)は、昼と夜の長さがほぼ同じになる日のこと!

秋分の日は、毎年9月23日頃だが、毎年決まった日ではない!

秋分の日を含むお彼岸には、お墓参りなどをして先祖の供養をする!

あとがき

「秋分」ていうから、秋の初めころの9月かなと思っていましたが、毎年同じ日ではないことに驚きました。

日常生活で、季節って、暑いとか寒いとかの気候で感じることが多いですが、秋分の日の意味を調べたことで、「今日からだんだんと昼が短くなっていくんだなあー」と、カレンダーでも季節の変わり目を感じることができそうです( *´艸`)