ランニングのメリットを9つ、デメリットを7つ考えてみた!

ランニング

こんにちは!管理人です(・∀・)
朝晩の気温が下がってきて、走りやすい季節になってきましたね。夏は、朝6時とかでも、すでに暑くて走りにくいですからね…正直、早く夏が終わらないかな~なんて思っていました(笑)

さて、話は変わりますが…ランニングしている人って、めっちゃ多いですよね。わたしの住んでいる近所でも、毎朝、川沿いを走っている人を見かけます(わたしもその中の1人なんですが)。

それだけランニングは、メリットだらけなんです!が、もちろんデメリットもあります!

今回は、ランニングのメリットとデメリットを書いていきますので、これから、ランニングを始めようとしている人には特に見ていただきたいです。では、いってみましょう(・∀・)ノ

スポンサーリンク

ランニングのメリット9つ

ストレス解消できる

すぐに実感できるのが「ストレス解消」です。なにか職場や学校、家庭などで、嫌なことがあったり、ムシャクシャしたときには、とりあえず走ってみてください。走っているうちに、頭がスッキリします。もちろん、そういったことが無い場合でも、気持ちのリフレッシュができます。

ダイエットできる

ランニングは有酸素運動です。有酸素運動は20分以上続けることで、体脂肪を燃やす効率よく燃やすことが出来ます。なので、健康的に痩せたい人におすすめです。ただ、息が苦しくなってくると、無酸素運動になってしまうので、息が上がりすぎないペースを保つことが大切です。

疲れにくい体になる

走ることによって、全身の筋力はもちろん、心肺機能を鍛えられます。そうすると、いつもなら、疲れていたことが疲れなくなり、どんどん体も軽くなって、動きもやすくなります。さらに、風邪などにもかかりにくくなり、心身ともに健康になれます。

物事を続ける習慣が身に付く

ランニングを続けていくことで、他の物事に関しても「続ける」という習慣が身に付きます。現にわたしは、好きなこと以外は、3日坊主で終わってしまいましたが、ランニングを続けていったら、不思議と3日坊主になることが無くなりました。

ポジティブになる

運動することで、脳が鍛えられ、神経が増えます。ネガティブでマイナス思考な人は、神経の数が少ない傾向にあります。アスリートを思い浮かべてください。ポジティブで、ハングリー精神がありますよね。これは、性格でもなんでもなく、ただ、脳の神経が多いんです。なので、運動して神経を増やすことで、ポジティブな思考が自然とできるようになります。

「ラン友」ができる

ランニング友達、略して「ラン友」ができます。ジョグノートと言うサイトのコニュニティなどで「一緒に走りませんか?」など募集しているので、同じ場所や時間帯に走っている人がいたら、一緒に走ってみるのも楽しいです。○○公園など、ランニングコースがある場所を走る場合には、多くのランナーがいるので、休憩中に、話しかけたりしても良いと思います。

趣味になる

「趣味はなんですか?」と質問されて、以前は返答に困っていたんですが、ランニングを始めてからは、「趣味はランニングです!」と、胸を張って答えられるようになりました。しかも、こういったスポーツ系の趣味は、異性にも好感度が良いです(笑)マニアックな趣味の場合は、なかなか人に言いにくいですからね。

誰でもできる

老若男女問わず、だれでもできるのも、ランニングのメリットの一つです。子供と親に限らず、おじいちゃんおばあちゃんと孫といった組み合わせも可能ですので、とても魅力がありますね。

初期費用がかからない

ランニングは、必ずしも、購入しなければいけないものはありませんので、始めようと思ったときに、すぐに始められます。もちろん、続けていく上では、ランニング用シューズなどを、購入することも必要なんですが、基本的には初期費用はかかりません。

ランニングのデメリット7つ

雨の日は走れなくもないが、基本的に難しい

雨の日が、できないわけではありませんが、好き好んで走る人は少ないのではないでしょうか。やはり、ランニングは天気が良い日に、周りの景色なんかも楽しみながら走りたいですからね。あと、雨の日は路面の状態など、ケガをしやすいので、走るとしたら、かなり注意が必要です。

ある程度の時間が必要

ランニングは、走る時間プラス、準備運動などもしなくてはいけませんので、数分でできるようなものではありません。他のことをしていても、時間は同じように過ぎていきますから、ランニングをする時間が勿体ないと思う人には、もちろんできませんね。

気をつけていても、交通事故にあったりケガをする可能性がある

外を走るので、100%事故に遭わないとは言い切れませんよね。あと、ランニングは、ほぼ全身を動かしますので、膝の痛みなど、体の故障を起こす可能性があります。ま~これはスポーツ全般に言えることですが、注意していても難しい問題です。

紫外線対策をしなければいけない

日差しが強い昼間に走る場合は、特に、紫外線対策をしなくてはいけません。紫外線は、ほぼ一年中降り注いでいますので、お肌を守るためには必須でしょう。走ることで、汗をかいて、日焼け止めも流れやすくなってしまいます。なので、頻繁に付け直したり、ガードするものを身につけて走りましょう。

洗濯物が増えるので洗濯の手間が増える

着ていた衣類は、汗で濡れているので、全部洗わなくてはいけません。さらに、ぼくの場合は、ランニング後シャワーを浴びたいので、その分タオルなんかも余分に使うことになります。もし、ランニングを1日2回するような人になると、洗濯物もかなりの量になるので、奥さんに嫌がられることもしばしば…。もちろん、自分で管理すれば、まったく問題ありませんが…。

シューズ代が以外とかかる

シューズは消耗品ですから、毎日長い距離を走るようになると、劣化も激しいです。ランニングシューズは、ある程度良い物を選ぼうとするなら、1万円前後はしますので、継続していくには、それなりの費用がかかります。

花粉の時期が辛い

ま~これは、花粉症の人限定ですが、現代は花粉症の人がおいと思いますので、超問題ですね。対策は、普段されている花粉症対策をしたいとこですが、マスクを付けて走るっていうのは、けっこうしんどいですね…。なにか良い対策アイテムが登場しないもんでしょうか。

スポンサーリンク

おわりに

ランニングのメリットとデメリットを書いてみましたがいかがでしたか?デメリットがあっても、メリットの方が多すぎるので、結局、続けちゃうのがランニングだと思っています(笑)

ランニングを続けることで、人生をも変えることができるでしょう。ただ一番難しいのは、習慣にすることです…。ランニングを楽しく続けるコツなども、今後紹介していきますので、モチベーションが下がってしまったり、挫折したときには、特に読んでみるといいですよ。