ランニングシューズでよくあるトラブルとその対処法

ランニング

とも真顔「しおちゃん、そういえば、この前買った、ランニングシューズの履き心地はどう?」

しおちゃん悩み顔「履き心地は…どうなんだろ…」

「ちょっと、親指と小指が痛くなるんだよね…」

とも悩み顔「そっか~、試し履きしても、実際に走ると、そういったトラブルって起こるんだよね。」

「そのままの状態で、ランニングを続けていくのは、苦痛だから、しっかり対処しておこう!」

しおちゃん真顔「うん。なんか、こういうもんなんだって思ってたけど、対処法があるんだね。」

「今日もよろしくです♪」

とも笑顔「よし、じゃいってみよう♪」

スポンサーリンク

よくある5つのシューズトラブルとその対処法

1.マメが同じ場所によくできる場合

マメは、一点に力が、かかり続けているとできます。シューズとの相性によって、マメができる部分は色々あります。

例えば、足の裏によくできる、という人は、インソールと入れることにより、マメをできにくくすることが可能です。

また、カカトの上の方にマメができる、という人は、靴を履くときに、カカトをしっかり、靴と密着できているか確認しましょう。

2.親指や小指が圧迫されて痛くなる場合

まず、親指が痛む場合は、シューズが小さすぎて、圧迫されている場合があります。

反対に、大きすぎても、足が前に来てしまい、痛くなってしまいます。

次に、小指が痛む場合は、シューズ自体の幅が、足に合っていないと考えられます。

この状態が長く続くと、足の爪が黒くなり、最終的には、はがれてしまいます。

なので、シューズの買い替えや、履き方を見直してみましょう。

3.爪が黒くなる場合

シューズに圧迫されてしまう場合もありますが、爪が長くても、同様に黒くなってしまいます。

日頃から、足の爪のお手入れをしっかりしておくことを心掛けましょう。

もちろん、爪を短くしているのに、黒くなる場合は、シューズの買い替えを考えましょう。

4.土踏まずが痛くなる場合

偏平足気味で、シューズの土踏まずの高さと合っていない場合に起こります。

インソールを入れてみるか、テーピングで対処するという方法もあります。

偏平足でない場合に、土踏まずが痛むというのは、走る姿勢に問題があるかもしれませんので、正しいフォームを意識してみましょう。

5.足の甲が痛くなる場合

足とシューズが、合っていない場合があります。その場合は、シューズの買い替えを考えましょう。

あとは、ランニングフォームで解決できる場合もありますので、正しいフォームを再確認してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

とも真顔「さて、よく聞くトラブルとその対処法を説明してきたけど、どうだった?」

しおちゃん真顔「全部が全部、ランニングシューズが原因ってわけでもないんだね。」

「靴の履き方と、ランニングフォームをもう一回しっかりと見直してみようかな。」

とも真顔「それが良いと思うよ。」

「買ったばかりで、すぐに買い替えって結構きついからね…」

「でも、本当にシューズが原因なら、即買い替えは必要だよ。」

しおちゃん笑顔「うん、わかった!」

「ありがとう、またよろしくね♪」

とも笑顔「OK♪」