結婚式二次会の服装マナー|女性でNGなのは?

冠婚葬祭マナー

IMG_8283

結婚式の二次会に行くとき、挙式から招待されてそのまま行く場合は服装もそのままでいいと思いますが、二次会から呼ばれた場合って何を着ていけばいいのか迷いませんか?

「結婚式よりラフな感じでいいのかな?」「二次会からなのにフォーマルワンピースだと浮くかな?」

私も、職場の先輩の二次会に行くときに、何を着るか悩みましたし、同僚に服装を上から下まで何を着ていくか事前に聞かれたこともあります。

結婚式ならドレスショップに行けば間違いなさそうだけど、二次会専用の服屋さんって聞かないですしね・・・。

というわけで今回は、いろいろ悩んでしまう結婚式の二次会の服装について調べてみました!

スポンサーリンク

結婚式の二次会の服装マナー

友人や同僚が中心となって祝福する二次会は、カジュアルな雰囲気で、マナーもさほどうるさくは問われません。

でも、披露宴同様お祝いの気持ちを第一に、新郎新婦や参加者が楽しく過ごせる心配りは必要です。

よく二次会の招待状で、「平服でお越しください」と書かれていることが多いですが、そもそもこの「平服」とはどんな服装なんでしょうか?

「平服」とは、「略礼装」という意味で、改まった場所に出ても恥ずかしくない服装のことです。

「普段着」とは違いますので注意してくださいね!

二次会の服装に厳格なルールは特にないですが、これだけは避けたいという服装は覚えておきましょう。

男女別 結婚式の二次会でNGな服装

女性

  • 白い服装
    ※結婚式同様、白は新郎新婦の色です。主役とかぶらない色にしましょう。薄いベージュも白に見えるので避けましょう。
  • 主役よりも派手な服装
  • 綿素材のワンピース、ドレス
  • ロングドレス
  • 露出度の高い服
  • デニム素材
  • 素足
  • 網タイツ
  • 黒いストッキング
  • サンダル、ミュール
    ※オープントゥは縁起が悪いです。
  • ブーツ
    ※会場によっては土足禁止の場所もあります。脱ぎ履きしにくいので避けましょう。
  • スニーカー
  • ブラックパール
    ※どれだけ可愛くても、お葬式を連想させ、縁起が悪いです。
  • 二連パール
  • 生花の髪飾り
  • 大きなバッグ

男性

  • 羽織袴
    ※新郎より目立ってしまうので避けましょう。
  • 黒いネクタイ
  • スニーカー

白を避けるのは結婚式同様よく言われていますね。

私は白+黒のバイカラーのワンピースを1着持っていますが、「真っ白でなくても着席時白にしか見えないのは避けるべき」ということを知り(問題ないとする意見もありますが)、気に入っていましたがそれ以降着る機会がなくなってしまいました・・・。

「この色は白に近いけどどうかな?」というものは、避けておいた方が無難ですね。

では、これらの服装を避ければ問題ないのでしょうか?

会場別 二次会にふさわしい服装

二次会といっても、会場によって雰囲気が違います。今回は、3種類の会場のタイプに分けて、ふさわしい二次会の服装をご紹介します!

会場のタイプがわからない場合は、おおよその会費を参考にしてみて下さいね。

フォーマルな雰囲気の会場(挙式から出席)

結婚式場、1.5次会タイプ用のレストラン、ホテルのバンケット、クルージング、水族館など(会費¥8,000~¥10,000)

女性

  • 露出の少ないパーティドレス
  • そのまま結婚式にも出席できるような服装
  • シルクやサテンなどの光沢がある素材のドレス
  • シンプルで膝下丈のセミドレス
  • ボレロやショール
  • フォーマル用パーティバッグ
  • 上品なパールネックレスやイヤリング・ピアス
  • ヒールとつま先のあるパンプス

男性

  • 黒スーツ&ネクタイ
  • ジャケット着用
  • ブラックスーツ、ダークスーツ
  • ネクタイと合わせたポケットチーフ
  • スーツとあった色のワイシャツやネクタイ
  • フォーマルシューズ、ビジネスシューズ
  • 艶感のあるアスコットタイや蝶ネクタイ

セミフォーマルな雰囲気の会場(二次会から出席)

レストラン、カフェバー、洋風ダイニングなど(会費¥5,000~¥7,000)

女性

  • フォーマルなパーティドレス
  • キレイめのワンピース
  • キレイめのスカートとブラウス
  • ハリや光沢のあるものや、軽やかなシフォンのワンピース
  • セットアップスーツ
  • パンツスーツ
  • 柄ワンピース
  • 訪問着、織り着物
  • カーディガンやジャケット
  • パーティ用のバッグ
  • クラッチバッグ:殺生を想像させるので革のものは避けましょう。
  • 大振りのヘッドアクセサリーやきらびやかなジュエリー

男性

  • スーツ(ブラックフォーマルは相応しくない)
  • ジャケット着用
  • 新郎新婦が上司や先輩ならネクタイ着用が無難
  • フォーマルシューズ、ビジネスシューズ
  • アスコットタイやポケットチーフ

カジュアルスタイル(二次会から出席)

居酒屋、カラオケBOX、ライブハウスなど(会費¥2,000~¥4,000)

女性

  • カジュアルなワンピース
  • セットアップのスーツ
  • 普段使いも出来そうなネックレスやピアス

※逆にフォーマルな服装や、和装などが浮いてしまうので、挙式後に行く場合は着替えを持参すると良い。

男性

  • ジャケット着用が無難
  • ネクタイはなくてもOK(不安な場合は、つけて行って会場で外す判断をするとよいかもしれない。)
  • フォーマルシューズ、ビジネスシューズ、ローファー

スポンサーリンク

まとめ

二次会の服装にはルールはないが、避けるべき服装だけは頭に入れよう!

二次会にふさわしい服装は会場のタイプによって違うので、会場の雰囲気を確認しよう!

あとがき

今回二次会の服装について調べる前まで、「二次会はキレイめワンピース」くらいの認識でいて、場所によってこれだけ違いがあるということを初めて知りました。

披露宴をしたホテル内の別会場だったり、カフェバー、居酒屋と確かに会場は色々でしたが、大体どの二次会も挙式~披露宴と同じ日だったので、挙式から出席している人が多く、フォーマルな服装の人が多かったように思います。

ただ意外と新郎新婦がTシャツ&ジーパンに着替えて「飲むぞー!」的な二次会も少なくなかったです。さすがにお祝いする側が普段着はまずいと思いますが、悩んだらフォーマルめな服装にしておいた方が無難かなと感じました。

でも、二次会は披露宴でもできない華やかなアクセサリーなどもつけやすいので、オシャレを楽しめる貴重な場でもありますよね( *´艸`)

新郎新婦、自分の友人以外にも初対面の人たちと話す機会が多い二次会ですから、やり過ぎない程度に可愛くかっこよく決めて行きましょう!