七五三はいつ?男の子と女の子の時期や早生まれについても

七五三

YOU85_shichigosanchitoseami1305_TP_V

夏の終わりくらいから、七五三の衣装や写真館などのコマーシャルをよく見かけるようになってきます。

でも、七五三って、着物を着て、写真館で撮影して、じいじ、ばあばを呼んで、お参りして、食事して・・・と、事前にいろいろ準備がありそう。

自分の子供の七五三の時期は早めに知っておきたいですよね!

親や周りのママたちの中でも、「七五三どうする?」という話題が出始めたけれど、

「うちの子の七五三はいつなんだろう?」「男の子と女の子は一緒?」「数え年でやるの?満年齢?」「早生まれの場合はみんなより遅いのかな?」

周りに聞いても、いろんな意見があってよくわからない・・・。

というわけで今回は、七五三をする時期について調べてみました!

スポンサーリンク

七五三の時期はいつ?

七五三は、本来は11月15日の行事です。

子供の無事の発育を喜び、さらなる成長を願います。

しかし、11月15日当日は、神社や写真館が七五三のお祝いをする人で混雑するので、最近ではこの日にこだわらず、その前後の吉日や都合の良い日にお祝いする人が多いようです。

写真館でも、混雑を避けるために、早い時期、もしくは11月15日以降に七五三の撮影をすると割引になるキャンペーンをしているので、それに合わせてお参りをするという場合も多いですね。

では、子供が何歳の時に七五三をするのでしょうか?

七五三の年齢は何歳?

七五三は、男の子と女の子で七五三をする年齢が違います。

男の子の場合

男の子の七五三は、3歳と5歳で行います。

女の子の場合

女の子の七五三は、3歳と7歳で行います。


地域によって多少の違いもあるようです。自分の地域の風習がわからない場合は、近くの神社のHPなどで確認してみてくださいね。

でもこの年齢、「数え年」と「満年齢」、どちらにやるのが正しいのでしょうか?

年齢は数え年と満年齢、どっちでやるの?

七五三は、本来は数え年の3,5,7歳で行うのがしきたりです。

ただし現在は、数え年で行っても満年齢で行ってもどちらでも大丈夫です。

兄弟姉妹の七五三と一緒にやるために、兄は数え年で弟は満年齢などと、臨機応変でかまいません。

数え年とは、生まれたときを1歳として、正月に皆一斉に年をとる数え方で、満年齢とは、生まれたときを0歳として、誕生日を迎えると年をとる現在の数え方です。

よくわからない方は、下の表を参考にしてくださいね。

3歳 5歳 7歳
2016年 数え年 平成26年
(2014年)生まれ
平成24年
(2012年)生まれ
平成22年
(2010年)生まれ
満年齢 平成25年
(2013年)生まれ
平成23年
(2011年)生まれ
平成21年
(2009年)生まれ
2017年 数え年 平成27年
(2015年)生まれ
平成25年
(2013年)生まれ
平成23年
(2011年)生まれ
満年齢 平成26年
(2014年)生まれ
平成24年
(2012年)生まれ
平成22年
(2010年)生まれ

早生まれの場合は?

現在の七五三は、数え年で行っても満年齢で行ってもどちらでも大丈夫ですので、早生まれの場合は満年齢で行うことも多いようです。

数え年と満年齢といっても、長くて1年違います。特に2~3歳の1年の違いは大きいです。子供の成長具合を考慮して翌年にするのも良いでしょう。

ちなみに、うちの娘は2月生まれで、今年の11月15日時点では2歳8ヶ月です。

まだイヤイヤ期で、「この服じゃイヤ、脱ぐー!」となる可能性もありますし、私から離れて知らない人に写真館で笑顔の写真を撮ってもらうのも、なかなか難しそうです。

また、おむつはもう少しで外れそうですが、もし慣れない環境で失敗して着物を汚してしまったら・・・という心配も、あと1年経ったらだいぶ少なくなり、安心して過ごせそうです。

早生まれでなくても、周りに無理に合わせようとせず、お子さんのペースに合った時期を選ぶのがいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

七五三は本来11月15日の行事だが、混雑を避けその前後の都合の良い日などに行うことが多い!

七五三の年齢は、男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳!

七五三の年齢は数え年でも満年齢でも良い。子供の成長に合わせた時期を選ぼう!

あとがき

去年の冬頃、お義母さんから、「○○(娘)ちゃんの来年の七五三のことなんだけど、着物どうする?」と聞かれ、「えっ!?来年七五三?まだ1歳なのに?」と驚いてしまいました。

当時はまだ娘の七五三のことなんてこれっぽっちも考えてませんでしたし、七五三が数え年だとか満年齢だとかそういったことも全く理解していませんでした。

現在では11月15日という日付もお祝いをする年齢もそれほどこだわらないケースが増えているようなので、主役の子供や家族に負担がかからない時期に、ゆったりとした気持ちでお祝いしたいと思います。