【全101種】ハロウィンの折り紙総まとめ|ハロウィン飾りにおすすめな折り紙多数

ハロウィン, 折り紙の折り方

このページでは折り紙で作れる、ハロウィン飾りをトータル101種類ご紹介しています。

簡単なかぼちゃ・立体的なかぼちゃ・おばけ・こうもり・魔女とほうき・クモ・ハロウィンリース」などなど多数あります。

作ってみたいものがありましたら、それぞれリンクから折り方掲載ページやYouTube動画などに移動できますので、たくさん作ってハロウィンを盛り上げてくださいね。

※ハロウィンはオレンジや紫など特定の色を多く使うので、単色の折り紙を使った方が無駄がないかと思います。

楽天市場で「単色折り紙」を探す

もくじ

↓ボタンをクリックすると移動できます↓

「かぼちゃ」関連の折り紙はこちら

かぼちゃのおばけ
Desined by 新宮文明

今回はハロウィン飾りとして使えるかぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)を折ってみました。折る手順はさほど多くないですし、一度折れば折り方を見ずに折れてしまうほど簡単でした。

最後の上下左右の角を後ろに折る手順は、お好みで折る幅を変えると仕上がりの表情も変わって良いと思います。シンプルなので、魔女の帽子も一緒に折って頭に乗せてあげると、より可愛らしいですね。

かぼちゃのおばけ
Desined by 新宮文明

今回は先ほどよりも折る手順が多いかぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)です。これもハロウィンの飾りに使えますね。

形が角ばっているので、最初はあんまりかぼちゃっぽくないかな・・・?と思いながら折っていたのですが、複数折って縦に重ねてみたら、トーテムポールみたいでこれはこれで可愛いかも、と思っています(笑)

単色や薄い柄の折り紙の方が、かぼちゃの出っ張り?の折り目が分かりやすいと思います。

かぼちゃふうせん
伝承作品

今回は、ジャックオーランタンの顔がついた風船を作ってみました!オレンジ色の折り紙で風船を折って、顔を描き入れるだけでできますよ。ほかにも、ハロウィン柄の折り紙で風船をいくつか折るだけでもハロウィンの雰囲気が増します。

ハロウィン柄の折り紙は、ハロウィンの時期になると100円ショップのハロウィングッズコーナーに置いてますよ。…と言っても最近は8月の後半にはハロウィンコーナーが出来てたりして、お店に行って驚きます(笑) 年々早くなっている気がしますね。

はねつきかぼちゃのおばけ
Desined by 新宮文明

今回は、ハロウィンの飾りの定番であるかぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)に、コウモリのような羽根がついた折り紙を折ってみました!1枚の折り紙でできてしまうのがスゴイですよね。

作り方のサイトには、「17.5㎝×17.5㎝の折り紙を使う」と書いてありましたが、羽根の部分の段折りなどが細かいからかと思います。今回私は通常サイズの折り紙を使用しましたが、そこまで折りづらさは感じませんでしたよ。

羽根に折り紙の裏の色が出るので、両面折り紙を使用したり、色を塗ったりすると仕上がりが綺麗ですね。

2段かぼちゃ
Desined by カミキィ

今回は、かぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の顔が2段に重なっている折り紙を折ってみました。

上下のかぼちゃの大きさが違うので、かぼちゃの親子のようにも見えますね。動画では、「白い折り紙で折れば雪だるまになる」と紹介されていました。なるほど、下の段のかぼちゃの顔を描き入れなければ、「かぼちゃだるま」に見えます。かぼちゃだるまなんてないけど…(笑)

折り方の手順は比較的シンプルなので、小さなお子様にも折りやすいと思います。

シンプルカボチャ
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィン飾りに使えるかぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の折り紙を折ってみました。ハロウィンのかぼちゃの折り方はいくつもありますが、これは手順も少なくとっても簡単です!!!簡単ですが仕上がりは他のかぼちゃの折り紙と変わらないちゃんとしたかぼちゃです(笑)

小さなお子様が折れるかぼちゃの折り紙をお探しの方には間違いなくこれがオススメです。一度にかぼちゃをたくさん折りたいときにもオススメですね。

ハロウィンかぼちゃ
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィン飾りに使えるかぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の折り紙を折ってみました!折るだけでジャックオーランタンの三角の目とギザギザな口が出来上がるので、最後に自分で顔を描き入れる必要がありません。絵が苦手な方にもオススメです。目と口の部分は折り紙の裏面の色が出るので、両面折り紙がある方はそちらを使うことをオススメします。

色の組み合わせは自由ですが、裏面を濃い色にした方が、口の中の折り目が目立たなくていいかな?と感じました。かなりイカツめなお顔のかぼちゃさんなので、今回は黒×赤で作ってみましたが、なんかロック・・・(笑)

スタンドかぼちゃ
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンに立てて飾れるかぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の折り紙を折ってみました。玄関やトイレや窓際のちょっとした平らなところにおいて飾れます。裏面もかぼちゃになっているので別の表情を描き入れてもいいですね。

中に小物が入りそうな気がしますが、入りそうで入りません(笑) 折りすじに沿って折り紙をたたんでいく手順は小さなお子様には難しそうですが、家に飾っておけば、平らなものよりはおもちゃっぽいので並べて遊びだしそうです。

カボチャマン
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンの飾りとして使える、かぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の全身の折り紙を折ってみました。「カボチャマン」って何だろう…?と思いましたが、何となくカラダのパーツがマントを羽織ってるっぽいから「マン」なのかな?ちょっと怪しげでいいですね。

胴体が何となく寂しかったので今回は蝶ネクタイをつけてみました。魔女の帽子を被せると、マントと一緒に魔女っぽくなってハロウィンらしいと思います。

かぼちゃ
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンの飾りとして使える、かぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の折り紙を折ってみました。折る手順が少ないので小さなお子さんにもオススメです。

このかぼちゃのデコボコした形が、なんとも私好みで可愛いと思います。ハロウィンだけでなく、緑色の折り紙で折れば、普通のかぼちゃとして子供のおままごとでも遊べそうですね。

かんたんかぼちゃ
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンの飾りに使えるかぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の顔を折ってみました。折る手順が少ないので、小さなお子さんにも折りやすいと思います。動画では、顔のパーツを折り紙で切って貼っていましたが、今回はペンで描き入れました。顔のパーツの切りやすい方法も説明されていたので、参考になると思います。

おりがみでハロウィンの飾り付けをしよう!と思ったら、かぼちゃを折らない人はいないだろうというくらい定番ですから、これだけ簡単な折り方だと助かりますね。

ジャックオーランタン
Desined by 土戸英二

今回は、ハロウィンの飾りにかかせないジャックオーランタン(かぼちゃのおばけ)を折ってみました。1枚の折り紙で、かぼちゃの目と口も出来上がります。裏面の色が出るので、両面折り紙がある方は使ってもいいですね。

本では、帽子を被せやすくするためかかぼちゃのヘタ部分が大きかったので、後ろに少し折り込んでヘタを小さくしてみました。(小さくしても帽子は被せられます)帽子なしのかぼちゃを作る場合はよかったら参考にしてみてくださいね。

カボチャ
Desined by 津留見裕子

今回は、ハロウィンの飾りに使えるかぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)を折ってみました!横長の顔でなんだか癒し系ですね。折る手順はさほど多くないので小さなお子様でも折りやすいと思います。

簡単なのでいろいろな色の折り紙で複数作って並べると可愛いですね。

かぼちゃ
Desined by Ako

今回は、ハロウィンの飾りにかかせない、かぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)を折ってみました。

このかぼちゃは、壁などの平面に貼って飾ることも、棚などに立てて飾ることも出来ます。

動画では、魔女がかぶっているような帽子の折り方と一緒に紹介されているので、一緒に折ることをオススメしますが、帽子を被せない場合は、上の角を段折りしてかぼちゃのヘタを作るといいですね。

ジャック・オ・ランタン
Desined by だーちゃん

今回は、立てて飾れるハロウィンのかぼちゃを折ってみました。こちらは、だーちゃんさんの創作折り紙です。

簡単そうに思いましたが、段差をつけるところなど、意外と難しかったです。小さなお子さんが折るのは難しいと思うので、大人が折ってあげるといいですね。

動画では顔のパーツを折り紙を切って貼り付けていましたが、今回はペンで描き入れました。

立てて飾れるおばけの折り方もあるので、一緒に折って並べて飾ってみましょう。

かんたんかぼちゃ
Desined by Oriya小町

今回は、ハロウィンの飾りに使えるかぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)を折ってみました。こちらは、Oriya小町さんの創作折り紙です。

これまで折ってきたかぼちゃの折り紙は、横長のものが多かったですが、こちらの作品はぽってりとした大福のような形が何とも可愛いです。

動画では、顔のパーツを折り紙で貼り付ける方法が紹介されていましたが、今回は(というか私の場合は今回「も」)ペンで描き入れてみました。

「おばけ」関連の折り紙はこちら

かんたんおばけ
Desined by 新宮文明

ハロウィンやお化け屋敷などの飾りとして使える、おばけを折ってみました。その名の通り簡単に折れるので、色や大きさを変えて複数作るのも可愛いと思います。

おばけって白で作るとシンプルなので、今回はオシャレに蝶ネクタイをつけてみました!魔女の帽子を被せるのも良いと思います。簡単に折れて表情もアレンジしやすいので、個人的にはオススメの折り紙です。

おばけ
Desined by 新宮文明

ハロウィン飾りなどに使えるおばけの折り紙を折ってみました。おばけの手の部分の折り方が小さなお子さんには少し難しいかもしれませんが、折る角度によって仕上がりの手の開き方が変わってくるので面白いです。

折り紙を4分の1サイズに切って、魔女の帽子を一緒に作れば、おばけにちょうど被せられるサイズになりますよ。おばけが白だとシンプルなので、可愛い柄の帽子を被せてもいいですね。

かぼちゃのせおばけ
Desined by カミキィ

今回折ったのは、なんとジャックオーランタンを頭に乗せたチャーミングなおばけの折り紙です。かぼちゃなんて頭にのせてどこに行くんでしょう?(笑)かぼちゃ×おばけで、ハロウィンの飾りにぴったりですね。

余談ですが私は自分の完成作品を見て、キャップをかぶっているようにも見えるなと思いました。おばけなのにキャップだなんて、野球好きのおばけ??…妄想したら癒されました。

かぼちゃ&おばけ
Desined by カミキィ

今回は、かぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の上におばけが乗った、ハロウィンにぴったりな折り紙を折ってみました。1枚の折り紙でこれが作れちゃうのがスゴイですよね。最初に折りすじをつける工程が多かったり、細かいところもあるので、小さいお子さんが折るには少し難しいかもしれません。

動画では、完成品を箱のふちに貼り付けたり、ラッピングの封として使えると紹介されています。単なるハロウィン柄のシールなどで封するより、とってもかわいいですよね。

おばけ
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィン飾りに使えるおばけの折り紙を折ってみました。手をくの字に曲げている姿が可愛らしいおばけです。おばけはやっぱり白くてシンプルなので、魔女の帽子を被せたり、蝶ネクタイをつけたりして色を足すとよりかわいく見える気がします。

表情は自由に描き込めるので、コワーイ顔にしてもいいですし、全然怖くないゆるーい顔にしても可愛いですし、どちらも合いそうですね。

スタンドおばけ
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンの飾りとして使える、立てて飾れるおばけの折り紙を折ってみました。立てて飾れるかぼちゃの折り紙などと一緒に折って、棚の上などに飾るとハロウィンムードが高まりますね。

途中まで鶴の折り方と一緒です。少し広げたり、折りすじに沿ってたたむところは、小さなお子さんの場合は大人が手伝ってあげるといいかもしれません。

おばけちゃん
Desined by 鈴木裕子

今回は、ハロウィン飾りに使えるおばけの折り紙を折ってみました!このおばけ、本当は頭の上に三角頭巾をつけているものをメインに紹介されています。どうやら日本のおばけみたいですね(笑) ハロウィンには三角頭巾は似合わないかな?と思ったので、今回は頭巾のないおばけにしてみました。

本では、このおばけがソフトクリームに変身する折り方も紹介されていますよ。

カボチャとおばけ
Desined by Ako

今回は、1枚の折り紙でかぼちゃとおばけができるハロウィンにぴったりな折り紙を折ってみました。

おばけがかぼちゃを手で押さえているので、後ろでかくれんぼしているようにも、怖がってしがみついているようにも見えます。おばけなのに怖がりに見えてなんだか愛らしい作品ですね。

おばけ
Desined by Ako

今回は、小さなお子さんでも折りやすい、とっても簡単なおばけを折ってみました。

おばけの折り方はほかにもいくつかありますが、私が折った中では一番簡単です!お子さんと一緒にハロウィン折り紙を折りたいときはこちらが一番オススメです。

胴体を折るときに角度をつけると、また表情が変わって面白いですね。

おばけちゃん ver.2
Desined by だーちゃん

今回は、自立する立体的なおばけを折ってみました。こちらは、だーちゃんさんの創作折り紙です。

伝承折り紙の「風船」をアレンジしたような折り方で、最後に空気を吹き入れて膨らませます。

動画では、吹き入れ口にストローなどを刺してパペットのようにする案も紹介されていましたよ。折った後も遊べそうなので、小さなお子さんも喜びそうです。

おばけスタンド
Desined by だーちゃん

今回は、立てて飾れるおばけを折ってみました。こちらは、だーちゃんさんの創作折り紙です。

ちょっとクジラとか魚っぽくも見えます。いくつか表情を変えて作って並べるのも可愛いと思います。

スタンドになる部分の角度が少し難しいですが、平面で折って壁に貼るよりも子供は喜びそうですね。

立てて飾れるかぼちゃの折り方もあるので、一緒に折ってみましょう。

1枚で帽子付きおばけ
Desined by Ako

今回は、ハロウィン飾りに使える、おばけを折ってみました。こちらは、Akoさんの創作折り紙です。

この作品は、おばけの折り紙に帽子を被せたのではなく、1枚の折り紙で出来ているのが特徴です。

これまでおばけの折り紙はたくさん折ってきましたが、おばっけって色を白で折ることが多いので、完成品がそのままだとなんだか寂しくて、たいてい一緒に帽子を折って被せることが多かったんですが、この折り紙なら1枚で出来てしまいます!

折り方の手順がそこそこ多く、目印のない折り目の角度などが難しかったですが、動画の折り紙を参考に折っていけば出来るかと思います。

ダブルおばけ
Desined by カミキィ

今回は、1枚の折り紙で2体のおばけができる折り紙を折ってみました。こちらは、カミキィさんの創作折り紙です。

折り方は比較的単純なので、小さなお子さんでも動画を見れば折りやすいと思います。

2体あってもおばけは白い面が多くて完成品が寂しくなりがちなので、蝶ネクタイや帽子などで色を足すと可愛いかなと思います。

「コウモリ」関連の折り紙はこちら

こうもり
Desined by 新宮文明

コウモリの折り紙を折ると、ハロウィンの雰囲気がぐんと増す気がします。今回折ったコウモリは、段折りがあったり、かなり小さな折り目をつけるところがあるので、小さめの折り紙だと少し折りづらかったので、通常サイズか大きめの折り紙で折ることをオススメします。

実は一旦丸いシールで目をつけてみたのですが、なんかセミのような昆虫のようなものに見えてきたので外しました…(笑)

こうもり2
Desined by 新宮文明

ハロウィンの飾りに、比較的簡単に折れるコウモリを折ってみました。手順が少なめなので、小さなお子さんでも折りやすいと思います。今回は目をつけませんでしたが、ペンで書いたり丸く切った紙を貼っても良いと思います。

横にあるクモの巣は、ダイソーのハロウィンコーナーで「クラフトパーツハロウィンカラー」というものを見つけたので、一緒に並べてみました。クモ&クモの巣のほかにも、コウモリ、おばけかぼちゃ(ジャックオーランタン)もありましたよ。

こうもり
伝承作品

今回は、ハロウィン飾りにも使えるコウモリを折ってみました。手順はとっても簡単なので、小さなお子さんでも折りやすいと思います。一か所だけハサミを入れるところは大人が見てあげてくださいね。

最後に角を折ると耳のついた顔が現れるところは、初めて折った人は感動するのではないでしょうか(私はしました!)?

バットくん
Desined by 植森豊子

今回は、ハロウィンの飾りに使えるコウモリの折り紙を折ってみました!
コウモリの折り紙は、羽根を広げた形をしたものが多いのですが、これは羽根を閉じているところです。木などに逆さにぶら下がって休んでいるように飾るのもいいですね。また、頭の部分の大きさが大きいので、キャラクターっぽくて可愛らしさもあります。

折り方の手順は細かいところが多かったので、通常サイズ以上の折り紙を使うのがオススメです。

バットくん2
Desined by 植森豊子

今回は、ハロウィンの飾りとして使えるコウモリを折ってみました。全体的に仕上がりが丸みのある形で、個人的に好きです。顔を描き入れても可愛いかもしれませんね。

折る手順は、子供は大人と一緒に頑張れば折れるレベルかもしれません。

コウモリ
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィン飾りに使えるコウモリを折ってみました。

小さなお子さんだとちょっと折り方は難しいと思いますが、顔が大きいので目や口などを描き入れやすいです。

大人が折ってあげて、子供に顔を描いてもらってもいいですね。

「魔女」関連の折り紙はこちら

まじょ&ほうき
Desined by 新宮文明

今回は、ハロウィン飾りにぴったりな、ほうきに乗った魔女の折り紙を折ってみました。1枚の折り紙で、帽子をかぶった魔女の全身が折れるところがスゴイですよね!

魔女はほうきに乗った体制をしているので、ぜひほうきもセットで折ってみましょう!折った魔女とほうきを貼り合わせると、今どこを飛んでいるのかなーと妄想しちゃいます。私は魔女の宅急便のキキを思い出すので、住む町を探しているようにも、お届け物の配達中にも見えてきます…

まじょのかお
Desined by 新宮文明

ハロウィン飾りに使える魔女の顔を折ってみました。手順7番辺りを手伝ってあげれば、小さなお子さんでも簡単に折れると思います。描き入れる顔の部分が大きいので、個性が出せますね。

同じ色の折り紙を使ってワンピースを折ってみましたが、いまいち顔の大きさとのバランスがしっくりこなかったので、今回は顔だけになりました。体は絵で描いてもいいかもしれません。

まじょ、ほうき
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンの飾りに使える魔女を、ほうきと一緒に折ってみました。魔女と言っても、鼻のとがったシワシワおばあさんの魔女ではなく、可愛らしい女の子の魔女です。ハロウィンに、女の子に一番させたい仮装ではないかと勝手に思っています(笑)

動画では、紙の短い男の子?バージョンの「魔法使い」の折り方も紹介されています。併せて折ると可愛いですね。

まじょ
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィン飾りに使える魔女の折り紙を折ってみました。この魔女は、1枚の折り紙で、帽子をかぶった魔女の顔と身体が作れます。子供の魔女というよりは、大人の魔女ぽく見えますね。

ほうきや黒猫などのほかのハロウィンの折り紙と併せて折って並べると雰囲気が出そうです。

ちいさな魔女
Desined by 津留見裕子

今回は、ハロウィン飾りに使える魔女を折ってみました。小人や妖精のようにも見えますが、とんがり帽子に、長い髪をしているので、可愛らしい魔女さんですね。

1枚の折り紙で魔女の全身が作れますよ。顔と紙の部分が白くなってしまうので、お好みで色を塗ってもいいかもしれませんね。

まじょ
Desined by 土戸英二

今回は、ほうきを持った魔女を折ってみました。ハロウィンの飾りに使えます。魔女に2枚、ほうきに1枚の折り紙を使用します。

魔女もほうきもそこそこ手順が多いので、通常サイズかそれ以上の大きさの折り紙を使った方が良いと思います。小さなお子さんが折るのは難しそうです。でも仕上がりは可愛らしいので大人が作ってあげたら喜ぶと思います。

魔法つかいの爪
Desined by 朝日勇

今回は、ハロウィンの仮装にも使える魔女の爪を折ってみました!子供って、絶対こういうの好きですよね!!!誰でも1回は指にはめてみたくなると思います。

普通に差し込むと大人にちょうどいいくらいのサイズなので、子供がつけるときはテープなどで調節するのが良いかと思います。オシャレ好きな女の子だったら、ピンクとか好きな色の折り紙でマニキュアごっこも出来ちゃいますね。

「魔女の帽子」関連の折り紙はこちら

まじょのぼうし
Desined by 新宮文明

この折り紙は、魔女の帽子単体で折るのではなく、是非ハロウィンに関連する他の折り紙と一緒に折って被せてあげましょう。ハロウィン感がより一層増しますし、何より可愛さも増します。

大体4分の1サイズに切った折り紙で折ればちょうどいい大きさになることが多いです。一度折ってしまえば覚えてしまうくらい手順は簡単です。ハロウィンの写真整理に、お子さんやペットの写真に合わせて折って被せたら可愛いかもしれないですね!

まじょのぼうし2
Desined by 新宮文明

この帽子は平面ではなく立体なので、同じく立体的に仕上がる折り紙に合わせて使えます。今回はジャックオーランタンの中にお菓子が入れられる「かぼちゃのおばけのかしばこ」にかぶせました。

ハロウィンパーティーのお菓子入れのフタにもなりますし、そのままハロウィン飾りとしてもバッチリです。折り方の手順は少し複雑なので、小さいお子さんは大人が手伝ってあげるといいと思います。

とんがりぼうし
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンの飾りに使える魔女のとんがり帽子を折ってみました!とんがり帽子と言えば魔女ですが、かぼちゃやおばけ、がいこつや黒猫など、他のハロウィンの折り紙にかぶせるのが可愛くてオススメです。

このほかにも魔女の帽子の折り方はあるのですが、この折り方のスゴいところは、完成品の帽子の中にちゃんと空洞があって、「貼り付ける」のではなくて「被せられる」こと!折り紙の色や柄を変えたり、リボンをつけたりして、ハロウィン飾りの至る所で大活躍する折り紙でオススメです。

まじょのぼうし
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンの飾りに使える魔女の帽子を折ってみました。折る工程も少ないですし、仕上がりもキレイです。動画では帽子の先を折るアレンジ方法も紹介されていましたよ。

かぼちゃや黒猫、おばけなど、ほかのハロウィンの折り紙にかぶせるだけでハロウィンムードが高まるので、色んな色や大きさで折ってみましょう。

ぼうし
Desined by 土戸英二

今回は、ハロウィンの飾りにかかせない、魔女の帽子を作ってみました。比較的手順も多くなく、仕上がりも綺麗に出来ます。完全に袋状ではありませんが、隙間があるので、ほかの折り紙にかぶせることも出来ますよ。

かぼちゃや黒猫などに、4分の1サイズに切った折り紙で作って被せてあげましょう。個人的には帽子のつば部分が丸みがあって好きです。

とんがりぼうし
伝承作品


今回は、ハロウィン飾りや仮装に、魔女の帽子などとして使える帽子を折ってみました。大きな紙で折れば実際にかぶれるので、魔女の仮装をするときにも使えます。

仮装ってハロウィンの時くらいしかしないので、お裁縫せず紙で作れたら手軽でいいですよね!でも結構しっかりしているので見栄えもいいですよ。

魔女の帽子
Desined by Ako

かぼちゃと同じ動画で紹介されている、かぼちゃにかぶせる魔女の帽子です。

この帽子は、のりを使う必要がなく、仕上がりがキレイなことと、中に空洞があるのでほかの折り紙にかぶせることができるのが特徴です。

同じ動画のかぼちゃと是非セットで折ってみてくださいね。

魔法使いの帽子
Desined by Oriya小町

今回は、他の折り紙に被せられる魔女の帽子を折ってみました。こちらは、Oriya小町さんの創作折り紙です。

中が空洞になっているので、かぼちゃやおばけなど、他の折り紙に実際に被せることができます。

作りも比較的しっかりしていて、仕上がりも綺麗です。是非ほかの折り紙と一緒に折って被せて、ハロウィンムードを高めましょう♪

「お墓・十字架」関連の折り紙はこちら

はか
Desined by 新宮文明

今回はハロウィンの飾りとして使える、お墓を折ってみました。お墓というか、ドラキュラが眠っていそうな棺にも見えます。ドラキュラの折り紙と一緒に折って並べるといいですね。

中心の点の少し手前まで折るときに、幅を揃えることがポイントだと思います。あと、折ったところをのりで貼り合わせながら進めていくと仕上がりが綺麗ですよ。

十字架
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンの飾りとして使える十字架を折ってみました。ドラキュラが中で眠っている棺のようにも、お墓のようにも見えますね。最初にいくつも折りすじをつける工程がありますが、完成品は「十字」がくっきりとしていて、失敗しにくい折り紙だと思います。

最初の折り紙の裏表を変えれば、十字架部分が白く、周りが色になるので、2種類作るのもオススメです。

十字架
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンの飾りに使える十字架の折り紙を折ってみました。動画の解説にもあるように、折りすじをつける工程が多く、たたみ方も複雑です。動画を見ながらでもなかなか難しいなぁ、と思っていたのですが、不思議と2回目はほとんど動画を見ずに折れました。

完成品は少し厚みがありますが、最後に折り紙の端をしまい込むようにして折るため、のりを使う必要がなく、ペラペラ浮いてこないところが魅力です。

コフィン(棺桶)
Desined by Oriya小町

今回は、ハロウィン飾りに使える、お墓(棺桶)を折ってみました。こちらは、Oriya小町さんの創作折り紙です。

動画では、十字の真ん中にハロウィンらしいシールを張る方法が紹介されていました。我が家にはそれっぽいシールがなかったのと、シールがなくても充分お墓っぽいなと思ったので、シールは貼っていません。ただそのままだと中心がめくれるので、両面テープで固定しました。

裏表逆に折れば、十字の部分に色や柄が出るので、お好みのパターンで折ってみてくださいね。

「黒猫」関連の折り紙はこちら

くろねこ
Desined by 新宮文明

今回はハロウィンの飾りに使える黒猫を折ってみました!もちろん、折り紙の色を変えれば普通の猫にもなります。1枚の折り紙で猫の全身が作れちゃいます。ちょこんと座ってる姿が可愛らしいですね。

最初白いシールで目をつけてみたんですが、何となくハロウィンの黒猫は暗闇で目が光ってるイメージがあったので、黄色い目に変えました。魔女の折り紙と一緒に折ってもいいですね。

折り紙の【ねこ】
Desined by カミキィ

今回は、折り紙1枚で顔も体もできる猫を折ってみました!ハロウィンの飾り用に、黒い折り紙で黒猫にしました。折っていく工程で、猫のしっぽや耳が現れたときはなんだか感動します。一度作ってみてください。

ハロウィン用には、魔女の帽子を被せたり、魔女と並べて作ったりするとよりそれらしくなりますね。もちろん、普通の猫として、色を変えて作るのもオススメです。

こネコちゃん
Desined by 土戸英二

今回は、ハロウィンにも飾れる、立体的な黒猫を折ってみました!見た目の通り、折り方は少し複雑なので、小さなお子さんには難しいと思いますが、立てて飾れるので、角度によって表情も変わって面白いです。

今回は目をシールで貼り付けましたが、直接描き入れてもいいですね。もちろん、ほかの色の折り紙で折って普通のネコにしても可愛いです。

こねこちゃん
Desined by 石橋美奈子

今回は、指人形にして遊べる黒猫を折ってみました!ハロウィンに折って、お子さんと遊ぶのにいいですね。本では、胴体の作り方も紹介されています。胴体を作ったら、2本足で立つネコちゃんの全身の完成です。

折り方はかなり細かいので、大人が子供に折ってあげるといいですね。指にはめてみましたが、パンパン…?子供の指向けですね(笑)

にゃんこちゃん
Desined by Oriya小町

今回は、立てて飾れる黒猫を折ってみました。こちらは、Oriya小町さんの創作折り紙です。

動画では、丸顔の猫の作り方のアレンジも紹介されています。

動画はゆっくりで丁寧なので、観ながら折れば難しくはないと思います。仕上がりも綺麗ですよ。

今回は、通常の折り紙と、4分の1サイズの折り紙で親子のような黒猫2匹を折ってみました。

「リボン」関連の折り紙はこちら

はさみ一回リボン
Desined by カミキィ

今回は、プレゼントや、クリスマスやハロウィンのリースなどに使えるリボンを折ってみました。このリボン、1枚の折り紙で、ハサミを1か所しか入れずに出来ています!本当にリボンを結んだかのような仕上がりに感動しました!

リースを作るときに、リボンテープでリボンを結ぼうとYouTubeを見ながら挑戦したのですが、なかなかうまくいかず…折り紙のリボンならバランスも良く、リースもバッチリ決まりました!

リボン
Desined by カミキィ

今回は、プレゼントやリースづくりに使える、リボンを折ってみました。このリボンは、折り紙1枚でも、折り紙半分でもできてしまいます。1枚の折り紙で2つリボンを作ることもできますし、手順も比較的簡なので、一度にたくさんリボンを作りたいときにもオススメです。

友達の家に遊びに行くときの手土産や、誰かにプレゼントを渡したいときに、わざわざリボンテープやシールを買っても使い切れないことが多いですが、折り紙ならお家にあるし余っても折り紙として使えるので無駄になりません!しかも今は可愛い柄の折り紙が100円ショップで簡単に手に入ります。…長くなりましたが、つまり言いたいのはは普通のリボンを買うよりこっちの方が可愛くて便利ってことです!(笑)

りぼん
伝承作品

今回は、ハロウィンやクリスマスなどのリース作りに使えるリボンを折ってみました!折ってみて、なんだか蝶ネクタイっぽく見えるリボンだなあと思っていたら、西洋ではこれをお札で折って「蝶ネクタイ」と呼んでいるそうです。

お札でこんなものを折っちゃうなんてオシャレなような罰当たりなような…。真ん中をぷっくりさせてもいいですし、左右の端を後ろに折っても可愛いと思います。

「小物入れ・雑貨」関連の折り紙はこちら

かぼちゃの おばけの かしいれ
Desined by 新宮文明

立体的なので立てて飾れるかぼちゃのおばけを折ってみました。器状になるので、中にお菓子や小物を入れられます。ただ、折る手順が多いので小さなお子さんには難しいと思います。

手順11~12は文が省略されているようですが、手順6~9と同じ手順を残り3面も同様に折ってください。最後に組み立てるのも難しいですが、折りすじを順に整えていくことがコツです。

はろうぃんけーす
Desined by 新宮文明

今回は、かぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)型の小物入れを折ってみました。ハロウィンパーティーでお菓子を入れるのに、キャンディーやグミ、小さなゼリーくらいならいくつか入れられそうです。

我が家にはキャンディーなどがひとつもなかったので、積み木・レゴ・アイビーを入れてみました(笑)アイビーが意外と可愛くないですか?小さなジャムの空き瓶に挿してあります。ハロウィンの季節には小さなお花や観葉植物をこんな形でアレンジするのも可愛いですね。

かぼちゃの箱
伝承作品

今回は、ハロウィンパーティーにお菓子入れなどとして使える折り紙を折ってみました。といっても箱にジャックオーランタンの顔を書いただけですが、どうせなら色やデザインがハロウィンっぽい方が、周りの人も喜んでくれそうですよね!

箱の蓋側と入れ物側の作り方は全く一緒です。ただ、折る折り紙のサイズが、蓋側の方が少しだけ大きくなるように調節してくださいね。

かぼちゃ&おばけの箱/バスケット
Desined by カミキィ

今回は、かぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の顔のバスケットを折ってみました!後ろから見てもかぼちゃの顔をしていて、前後の表情を変えても面白いです。そして、少し折り方を変えると、両手を広げたおばけとかぼちゃの箱になります!

どちらも小物入れとして使えるので、ハロウィンパーティーにキャンディーなどを入れるのにいいですね。手土産にクッキーなどを、この器ごとラッピングして持っていったら、相手に喜んでもらえそうですね!

かぼちゃ箱
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンのお菓子入れに使える、4つのかぼちゃの顔がついた箱を作ってみました。この折り紙は、伝承折り紙「つのこうばこ」をアレンジした折り方になっているので、つのこうばこを折ったことがある方は簡単に折れると思います。折ったことがない方でも、折り方は複雑なものではないので比較的簡単です。

動画では最後に四方のかぼちゃを箱に貼り合わせていますが、つのこうばこのように浮いたままでも可愛いかも?と思って貼り合わせないバージョンも作ってみました。お好みのやり方で作ってみてくださいね。

バスケット
Desined by カミキィ

今回は、折り紙で作れるバスケットを作ってみました!このバスケットは自立するので、小物入れとして使ったり、このまま置いて飾っても可愛いと思います。ハロウィンの折り紙を貼り付ければ、トリックオアトリート!のお菓子入れのカゴとして使えますね。

個人的には、うちの娘くらいの小さな女の子はおままごとのお買い物カゴとして喜ぶんじゃないかと思います。おままごとの野菜が3~4個は入りそうです。

ちょっと大人っぽい柄の折り紙で大人っぽいバスケットも作ってみましたが、持ち手を何色にしようか考えたり、大人も楽しめましたよ。

かぼちゃの箸袋
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンパーティーのおもてなしに使える、かぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の顔がついた箸袋を折ってみました!

ハロウィンに特にお客様を呼ぶ予定がない方でも、パーティーをする予定がない方でも、ハロウィンの日の普通の晩御飯を食べるときに箸袋でコレが並んでいるだけで、特別なご飯の雰囲気が出せちゃいます。お子さんは特に喜びそうですね!

かぼちゃの袋
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンに使えるかぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)の顔の袋を折ってみました!「袋」と聞いて、私はバッグかなーと勝手に思い、あんまり入らなそうだしすぐ破けちゃいそう…と思ったのですが、どうやら持ち運ぶバッグとして使う袋ではなく、ラッピングとして使う袋のようです。中は薄いですがキャンディーとかクッキーぐらいならいくつか入れることができるマチがあり、自立もします。

動画では顔を黒いマスキングテープで貼り付けていましたが、うちに黒いマスキングテープはなかったため、ペンで描き入れました。袋の封をかぼちゃのヘタに見せかけたマスキングテープでとめるのがオシャレだなと思います。

ハロウィンバッグ
Desined by 乾君江

今回は、ハロウィンのお菓子入れに使えるハロウィンバッグを折ってみました!通常サイズの折り紙で折っても、小さな子供の腕にかけられるくらいのサイズですが、大きめの折り紙や画用紙で作っても良いと思います。

子供はこういったグッズが大好きなので、ハロウィンにあげるお菓子をこれに入れるだけで大喜びすると思います。

ハロウィンの箱
Desined by niceno1

今回は、魔女の帽子をかぶったかぼちゃと黒猫の、ハロウィンにぴったりな箱を折ってみました。

折り方自体はそれほど難しくはないのですが、折り紙を6枚使用し、組み合わせるので、時間と根気が必要です(笑)。私は40分くらいかかりました。

プレゼントとして作るのもいいですね。キャンディやひとくちゼリーくらいのものなら充分入る大きさです。

同じパーツを使ってリースも出来ます。

ハロウィンの箱2
Desined by niceno1

今回は、かぼちゃと黒猫が背中合わせになっているハロウィンらしい箱を折ってみました。

上にご紹介した箱の半分のサイズになっています。パーツの数も上の箱より少なく済むので製作時間も短く済みますよ。

これくらいの大きさなら、中にクッキーなどを入れて、透明のラッピング袋に入れてプレゼントするのも良さそうです。

同じパーツを使ってリースも出来ます。

かぼちゃ&おばけポケット
Desined by カミキィ

今回は、かぼちゃとおばけがくっついたポケットを折ってみました。

そのまま平面で飾っても可愛いのですが、完成品は直径10㎝くらいあるので、ラッピングとしても活躍しそうです。

キャンディ4~5個とか、大きめのクッキーなんかも入りそうですよ。

動画では、おばけに星やハートの形をしたステッキを持たせる案も紹介されています。

ハロウィンメッセージメモ
Desined by Oriya小町

今回は、ハロウィンパーティーなどのプレゼントなどに便利な、魔女の帽子の形をしたメモを折ってみました。こちらは、Oriya小町さんの創作折り紙です。

半分に切った折り紙で折れます。完成品のひし形の下半分を開くと文字やイラストが書き入れることができるようになっています。もしくは、全部開いて手紙を読むというのもアリかもしれません。

折り紙の色や柄は自由ですが、しましまの柄の折り紙を使うと、完成品の魔女の帽子の形が浮き出てわかりやすいかと思います。

かぼちゃの箱
Desined by Ayukane

今回は、ハロウィンのお菓子入れや小物入れとして使える、かぼちゃの箱を折ってみました。こちらは、Ayukaneさんの創作折り紙です。

ハロウィンのラッピングにもってこいですね。ただ、通常サイズの折り紙で折ると、完成品はキャンディが1個入るくらいの大きさなので、クッキーやドーナツなどを入れるなら、大きい折り紙や画用紙などを使いましょう。

折りすじをつける工程が長いので少し大変ですが、動画はゆっくりなので見ながら折れば完成できると思います。

かぼちゃBAG
Desined by Ayukane

今回は、ハロウィンのお菓子入れや小物入れとして使える、かぼちゃのバッグを折ってみました。こちらは、Ayukaneさんの創作折り紙です。

用途やお好みで、折り幅を変えれば、バッグの深さや大きさが変えられ、かぼちゃの表情も変わりますよ。

この中にお菓子を入れ、そのまま透明な袋でラッピングしてプレゼントするのもオシャレで可愛いと思います。

「リース・壁飾り」関連の折り紙はこちら

ハロウィンリース
Desined by 新宮文明

今回は、これまで折ったハロウィンの折り紙を使ってハロウィンリースを作ってみました!クモの巣の切り紙の土台の上に好きな折り紙を貼り付けるだけで簡単に出来ます。土台はドーナツ形に切った紙でもOKです。

色や大きさの組み合わせを考えたら、簡単に手軽なハロウィン飾りができますね。折り紙をそのまま壁に貼り付けるよりも見た目がまとまっている気がします。

シンプルリース
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンリースを作ってみました。せっかくハロウィンの折り紙をいくつか折っても、そのまま壁に貼るだけだとなんだか味気ないですよね。リースの土台があるだけで、まとまりも出ますし、背景があることで折り紙も生きてくる気がします。

今回はかぼちゃとおばけとリボンを貼り付けてみました。リボンがあることでまとまりやすくなる気がします。

ハロウィン飾り
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィン飾りを作ってみました。ひとつひとつ折った折り紙の下に背景となるタイルがあるだけで、こんなに折り紙が浮き上がるものなのかと驚かされました。そのまま壁に貼った場合と比べて10倍はよく見える気がしませんか?

タイルの折り方はとっても簡単です。タイルの色を変えれば、クリスマスやお正月、ひな祭りなど、どのイベントにも使える便利な飾り方ですね。

六角リース
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンリースを作ってみました。最初、リースのパーツを4分の1サイズに切った折り紙でつくってみたら、かなり小さくなってしまいました(笑) 色々貼り付けたいなら、通常サイズの折り紙で折ることをオススメします。

パーツの折り方は3回程度動画を見ながら折っていたら、ようやく覚えました。今回はあまり考えずに折った折り紙をペタペタ貼りまくってみました。それでも何となくまとまるのが、リースの良いところですね。

リーフドーナツ
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンリースを作ってみました。このリースは、リース自体が立体的なので、上からペタペタ他の折り紙を貼るというよりは、リースの土台そのものを楽しむものになるかと思います。

動画ではクリスマスカラーでクリスマスリースを作っていましたが、今回は折り紙をハロウィンカラーにしてハロウィンリースにしてみました。動画にならってリボンをつけると全体が締まって良い感じです♪

リースリング
Desined by カミキィ

今回は、ハロウィンリースを作ってみました!リースって、同じパーツを6個とか8個とか作らなければならないんですが、1個のパーツの折り方が複雑だと、パーツを組み立てる前にくたびれてしまうこともあるんです。でも、このリースはパーツ作りがとっても簡単でした!小さなお子さんにも挑戦しやすいリースだと思います。

動画では土台に折り紙を貼り付ける方法も紹介されていますが、今回は、後ろに台紙を貼り付けて額のようになるタイプで作ってみました。作ってみて思ったんですが、コレ、後ろに写真を貼り付けて(大きさを調整する必要がありそうですが)額のように飾ったり、誰かにそのままプレゼントするのにもいいかもしれないですね!リース自体が簡単なので、また作ってみようと思います。

一番簡単なリース
Desined by Ako

今回は、8枚の折り紙を使って作るハロウィンリースを作ってみました。

パーツに折り紙を8枚使用しますが、1個1個のパーツは3回折るだけなので、あっという間に出来ます。

動画ではパーツを組み合わせるときにのりを使っていましたが、のりを使わなくてもパーツがずれたり抜けたりしてしまうことはなく、しっかりしています。

ハロウィン リース
Desined by niceno1

今回は、かぼちゃと黒猫で出来たハロウィンリースを作ってみました。

リースの土台にかぼちゃと黒猫を貼り付けるのではなく、土台がかぼちゃと黒猫になっているのがスゴイですよね!

パーツを入れ替えれば、全部かぼちゃ、全部黒猫のリースにアレンジも可能です。

同じパーツを使って、小物入れのような箱も出来ます。

「ガイコツ・ドクロ」関連の折り紙はこちら

がいこつのあたま
Desined by 新宮文明

ハロウィン飾りに使える、がいこつの折り紙を折ってみました。歯の部分がギザギザしていてリアルですね!

私は何度か折ってもこの歯の部分を綺麗に5等分に折ることが難しかったのですが、下の角の方から折っていき、最後に段折りをしてみたら割とすんなり折れました。私のようになかなかうまくいかない方は一度試してみてくださいー!

出来上がったがいこつに魔女の帽子を被せても可愛いですよ。

どくろ
Desined by 青木良

今回は、ハロウィン飾りに使えるどくろの折り紙をを折ってみました。1枚の折り紙で、どくろの目・鼻・口が表現されています。頭の形もリアルで、怖がりのうちの娘は見るのを嫌がりそうだなと思います(笑)

裏面の色が出るので、両面折り紙を持っている方はそちらを使ってもいいですね。

スカルリング
Desined by 笠原邦彦

今回は、がいこつ(どくろ)の形をした指輪を折ってみました!がいこつの口の部分に指を通す形になります。

通常サイズの折り紙で折ると、大人の指が2本くらい入るサイズなので、子供の指にはめるなら、4分の1サイズの折り紙くらいがちょうどいいかと思います。ただ、折る手順が細かいので、最初は通常サイズの折り紙で練習するといいかもしれません。

「ドラキュラ」関連の折り紙はこちら

どらきゅら
Desined by 新宮文明

ハロウィン飾りに使える折り紙、ということで、今回はドラキュラを折ってみました。1枚の折り紙で、前髪も、尖った耳までも表現されているのがスゴイと思います。あとは顔を自由に描くだけです。

この表情がなかなかうまく描けず苦戦したんですが、鋭い歯と、なんとなく半目開きなイメージがあったので(永い眠りから目覚めたから?)こんな顔になりました。本当は口元から赤い血が垂れてるイメージもあったんですが、さすがにアレかなあと思ってやめました(笑)。マントやタキシードを一緒に折って合わせるのもいいなあと思っています。

吸血鬼の口
Desined by 笠原邦彦

今回は、ハロウィンの仮装にも使える吸血鬼の口を折ってみました。子供が喜びそうです。ちょっとたらこくちびるですが、ちゃんと鋭い歯が覗いています。仮装として使うなら、通常サイズの折り紙で作るとちょうどいいと思います。小さめの折り紙で作って、かぼちゃやドラキュラなど、他のハロウィンの折り紙と合わせると、より怪しさが増していいですね。

「フランケンシュタイン」関連の折り紙はこちら

ふらんけんしゅたいんのかお
Desined by 新宮文明

ギザギザ前髪と、出っ張ったオデコだけで、フランケンシュタインだとすぐわかりますね。しましまシャツやジャケットを着て、ゾンビのように手を前に出して歩くイメージもなぜか強いですが、今回は顔だけ折りました。

ドラキュラや狼男などと一緒に折って並べれば、ハロウィンの飾りにも使えます。

「オオカミ男」関連の折り紙はこちら

おおかみおとこ
Desined by 新宮文明

ドラキュラやフランケンシュタインなどと一緒に折って並べるとハロウィンらしさが出る、狼男を折ってみました。こちらの折り方は手順が多く、厚みがあるところの段折りや、鼻の部分の折り方が難しいので、小さなお子さん向きではないと思います。

そして私が何よりも苦戦したのが顔!!「怒っているビーバー」になったり、「眉毛の太い男子中学生」になったり…。折り紙の色を茶色から灰色にしたらビーバーやリスからは遠のきましたが、表情の仕上がりが未だに納得いっていません(笑)狼男の顔って難しいなあ~

「ゆうれい屋敷」関連の折り紙はこちら

ゆうれいやしき
Desined by 新宮文明

1枚の折り紙で、3つの塔でできている幽霊屋敷が折れます。窓をつけると、より一層怪しげな雰囲気が出ますね。建物が傾いている感じも幽霊が出そうな雰囲気です。

ハロウィン飾りを作るときに教会などと一緒に背景に並べるといいですね。折り方は簡単だったので、小さなお子さんにも折りやすいと思います。

おばけやしき
Desined by カミキィ

今回は、3枚の折り紙でおばけやしきを折ってみました。建物がにょきにょき傾いて立っているところが、恐ろしい感じがしますね~。

1つ1つのパーツは、折り紙の色と角度を変えれば普通の「家」としても使えます。

最後に自由に貼りつける「窓」の大きさや形のバランスが、意外と難しくて苦戦しました。

おばけハウス
Desined by だーちゃん

今回は、立てて飾れるおばけやしきを折ってみました。こちらは、だーちゃんさんの創作折り紙です。

今までにおばけやしきの折り紙を3作品折ってきましたが、どれも建物が3つくっついていて、斜めになっていましたが、こちらの作品は、後ろにスタンドがついていて、立てて飾れるのが特徴です。

動画では、窓に使う折り紙の大きさも指定されていましたが、今回は適当に切って貼り付けてみました。

動画のスピードが速いので、途中で何度か止めながら進めていくといいと思います。

「教会」関連の折り紙はこちら

きょうかい
伝承作品

今回は教会を折ってみました。ハロウィンっぽく周りの風景は夜空にしてみたんですが、背景を変えればハロウィンに限らずクリスマス飾りにも使えますし、結婚祝いの飾りなどにも使えそうですね。

手順は基本的な折り方ばかりなのでお子さんにも折りやすい方だと思います。一緒に木を折って周りに並べると神聖な雰囲気が増しますね。

「クモ」関連の折り紙はこちら

くも
Desined by 新宮文明

今回は、足が8本ちゃんとついているクモの折り紙を折ってみました!切り紙で作ったクモの巣を合わせると、よりクモらしく見えますね。ハロウィン飾りにももってこいです。

折る手順が多いので小さなお子さんには難しいかと思いますが、うちの4歳の娘はきっと折りたがったりしないだろうな…(笑)

「キャンディ」関連の折り紙はこちら

あめ
Desined by カミキィ

今回は、カラフルなキャンディの折り紙を折ってみました。色々な色や柄の折り紙を使って複数作るのがやっぱりかわいくてオススメです。

折り方は、中割り折りなどの手順があるので小さなお子さんの場合は少し難しいかもしれません。4分の1サイズの折り紙でも作れるので、半端に使った折り紙を活用できますよ。ハロウィンの飾りにも使えますし、ほかの折り紙と並べるだけでポップで可愛い印象になりますね。

キャンディのおみくじ
Desined by 青柳祥子

今回は、カラフルなキャンディを折ってみました。このキャンディは、真ん中が袋状になっているので、隙間にお菓子やメッセージなどを入れられます。「おみくじ」というのはこれが理由なんですね。ハロウィンなどにキャンディをキャンディに入れて渡すのも面白いですね。特に何も入れない場合は、手順2で裏返さずに折っていけば、表の模様が綺麗に出ます。

飴(あめ)
Desined by Ako

今回は、キャンディを折り紙で折ってみました。お菓子がつきものなハロウィンの飾りにも使えますね。

このキャンディは、包み紙のキュッとねじったところのシワがうまく表現されていて、よりリアルで可愛いです。

折り方は少し細かくなりますが、4分の1サイズの折り紙でも折れますよ。