牛乳パックで『パッチンカエル』の作り方をわかりやすく!

牛乳パックで作ったパッチンカエル

牛乳パックの“パッチンカエル”の作り方は、細かく分けるといくつかあります。

ここでは、今まで作った中で、一番しっくりきた作り方をわかりやすくご紹介します。子供と工作を楽しんでください。

スポンサーリンク


ひこすけ真顔『ももこ~今日は牛乳パックで“パッチン”って跳ねる楽しいおもちゃを作ってあげるね!』

ももこ真顔『何それ~でも跳ねるってなんか楽しそうぉ~ワァ~イ♪』

ひこすけ笑顔『しかも超簡単だからすぐにできるよ~!』

ももこ真顔『じゃ~あっちで妖怪ウォッチやってるからできたら呼んでね~♪』

ひこすけ真顔『了解ズラ!(あっ、ついコマさんで返事しちゃった…)』

牛乳パックでパッチンカエルの作ってみよう

スライドショー動画はこちら

最後に実際に遊んでいる映像もありますよ♪


必要なもの

  • 牛乳パック1本
  • 輪ゴム1本
  • 定規
  • ハサミ

スポンサーリンク


【1】牛乳パックを開いて、画像のように6㎝の幅に切ります。

※1本の牛乳パックで、最大3個のパッチンカエルを作ることができます。

パッチンカエルの作り方1パッチンカエルの作り方2

【2】付いている折り目で半分に折って、ハサミで上から1㎝の部分(赤線)をまとめて切ります。

パッチンカエルの作り方3パッチンカエルの作り方4

【3】切った部分の片方に、輪ゴムを引っかけて、反対側に交差させるように引っかければ、パッチンカエルの完成です。

パッチンカエルの作り方5パッチンカエルの作り方6パッチンカエルの完成

パッチンカエルで遊んでみよう

遊び方はとっても簡単

牛乳パックをひっくり返して、そのまま地面にゆっくり置きます。すると、ゴムが戻ろうとする反動で、“パッチン”と音を立てて飛び跳ねます。

遊び方1遊び方2遊び方3遊び方4

牛乳パックにカエルを書いたり、お友達と遊ぶ場合は、同時に離して、どちらが高く跳ねるか競っても楽しいですよ♪

また、ゴムの種類や張り方によっても、跳ねる高さが違ってくるので、色々試してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク


ひこすけ笑顔『ももこ~できたづら~!(あっ、またコマさんやっちまった…)』

ももこ真顔『パパさっきからコマさんの真似してるでしょ~?全然可愛くないよぉ~♪』

ひこすけ悩み顔『えっ…笑顔で、そ、そんなこと言わないよ…ももこちゃん…』

ももこ真顔『パパどうしたの~遊ぼうよ~♪』



パッチン…パッチン…

ひこすけ悩み顔『いいよ…どうせオラは…可愛くないズラよ…』

ももこ焦り顔『あ~いじけちゃった…』

◇おしまい◇

牛乳パックの工作