牛乳パックで“ぴょん”とジャンプするカエル風おもちゃの作り方

牛乳パックで“ぴょん”とジャンプするおもちゃ

牛乳パックで“ぴょん”とジャンプして、カエルみたいなおもちゃの作り方です。

カエルの絵を貼ったり、連結させてヘビみたいなおもちゃにアレンジも可能です。お子様と一緒に楽しく作ってみてください。

スポンサーリンク


ひこすけ真顔『今日は牛乳パックで面白いおもちゃを作って、ももこと遊ぼうかな!』

ひこすけ悩み顔『さて、何作ろう…』

ひこすけ笑顔『よし、ジャンプするカエルっぽいおもちゃにしよっと♪』

ももこ真顔『あっパパ~何作ってるの?』

ひこすけ笑顔『出来てからのお楽しみ♪』

ももこ怒り顔『え~じゃ~出来たらすぐ教えてね!』

ひこすけ笑顔『もちろん!じゃ~いい子で待ってて。』

牛乳パックでジャンプするおもちゃの作ってみよう

動画はこちら


必要なもの

  • 牛乳パック1本
  • 輪ゴム最低1本
  • カッター
  • ハサミ
  • 定規
  • マジック

スポンサーリンク


1.牛乳パックの底を切りはなします。※先にカッターで切れ目を入れてから、ハサミ切るようにするとやりやすいです。

ぴょんと跳ねるオモチャの作り方1

底が切れたら、飲み口の方を折り目で切りはなします。

ぴょんと跳ねるオモチャの作り方2

2.残った牛乳パックを、6㎝の幅で切り分けます。すると、下の画像のように3個作れます。※端の細く残った部分は使いません。

ぴょんと跳ねるオモチャの作り方3

3.画像の黒線部分に5ミリほど切り込みを入れます。

ぴょんと跳ねるオモチャの作り方4

4.切り込みを入れたら、ゴムを切り込みに引っかけていきます。全部引っかけると画像のようになります。これで、完成です♪

ぴょんと跳ねるオモチャの作り方5

遊び方も色々楽しめるよ

遊び方もとっても簡単で、ゴムが水平になるように牛乳パックをつぶして、その指をはなすと「ぴょん」と跳ねます。

作ったあとに、色つきの布テープなどで、牛乳パックを可愛くアレンジするのもいいですし、カエルの顔を貼り付けても楽しいです。

アレンジで、残るの2つも同じように作り、テープでつなげても面白く遊べます。動画最後に、3つで作ったものを飛ばしています。

10個くらい連結させれば、まるでヘビのようになります。いろいろ試して楽しく遊んでみましょう♪

スポンサーリンク


ひこすけ笑顔『ももこ~おもちゃ出来たからこっちで遊ぼう♪』

ももこ真顔『やったやった~~♪』

ひこすけ真顔『こうやって押さえて手を離すと…ぴょんって跳ねるんだよ!』

ももこ嬉し顔『うひょ~~♪』

ももこ真顔『ももこにもやらせて~。』



ピョン

ももこ泣き顔『イテッ』

『え~~ん』

ひこすけ悩み顔『よしよし…次はちゃんと見て離すんだよ。』

◇おしまい◇

スポンサーリンク

牛乳パックの工作