牛乳パックの『輪投げ』で遊ぼう!作り方はとっても簡単!

牛乳パックで作った輪投げ

牛乳パックとティッシュ箱で、簡単な“輪投げ”の作り方をご紹介します。

幼児から子供向けの手作りおもちゃの中で、輪投げは楽しく誰でも遊べるので、ぜひ親子一緒に作って遊んでみてください。

スポンサーリンク


ひこすけ真顔『ももこ~今日は、牛乳パックで輪投げを作ってあげるから、できたらいっしょに遊ぼうよ!』

ももこ真顔『輪投げかぁ~実はももこ超得意なんだ!』

ももこ嬉し顔『楽しみにしてるぅ♪』

ひこすけ笑顔『おっ、それは良かった!』

『じゃ早速作ってみるね♪』

牛乳パックで輪投げを作ってみよう

動画はこちら


必要なもの

  • 牛乳パック1本
  • ティッシュ箱1個
  • 画用紙1枚
  • ビニールテープ
  • セロハンテープ
  • カッター
  • ハサミ

スポンサーリンク


【1】牛乳パックを開いて、画像の赤線を切り、長細い形を8つ作ります。

牛乳パック輪投げの作り方1

【2】切ったもの2つを1組にして、1つの輪になるようにビニールテープで貼り合わせます。

※牛乳パック1本で4本の輪が作れます。

牛乳パック輪投げの作り方2牛乳パック輪投げの作り方3

【3】画用紙を丸めて、細長い棒を作ります。

※コピー用紙を3枚くらい重ねて丸めてもOKです。

牛乳パック輪投げの作り方4

【4】ティッシュ箱の底に、【3】で作った画用紙の棒がささるくらいに、カッターで切れ目を入れます。

牛乳パック輪投げの作り方5

【5】画用紙の棒を、ティッシュ箱の切れ目にさし、セロハンテープで根元を固定します。

牛乳パック輪投げの作り方6牛乳パック輪投げの作り方7

輪投げの完成です♪

牛乳パック輪投げの完成

牛乳パック輪投げで遊んでみよう

もっと小さい輪や大きい輪を作って、「この大きさの輪を入れたら○○点」と決めて、点数を競ってりするのも楽しいですよ。

また、的になる棒の数を増やして、的の距離に差をつけるのも良いでしょう。

スポンサーリンク


ひこすけ笑顔『輪投げできたからこっちおいで~!』

ももこ嬉し顔『やったぁ~♪』



サッ…サッ…サッ…

ひこすけ真顔『お~3連続入れるなんてスゴイなももこ~!』

ももこ真顔『へへ~ん、どんなもんだい!』

ひこすけ笑顔『おっしゃ~パパも頑張るぞ~!』



ポテッ…

ももこ焦り顔『あわわ…簡単なのに…』

ひこすけ悩み顔『…どんまい俺…』

◇おしまい◇

スポンサーリンク

ティッシュ箱の工作, 牛乳パックの工作