甥や姪への入園祝いのプレゼント!親戚からは何が喜ばれる?ママ達の意見はこう!

ここでは、当サイトにお寄せいただいた、親戚から貰った入園祝いのプレゼントをご紹介します。

現役ママさん達の意見がよくわかるので、これから甥や姪に入園祝いのプレゼントを贈ろうと思う、あなたの参考になるのではないでしょうか?

スポンサードリンクス

親戚からの入園祝いのプレゼント

貰ったプレゼント:商品券1万円分

義理の姉から、イオンの商品券1万円分をもらいました。

文房具にしようかと思ったんだけど好みがあるだろうから好きなものを選ばせてあげてね、ということでした。

入学用品を買い揃えるのに何かと出費が増える時期なので、実用的で助かりました。

小学生の子どもがいて、入学を経験している義姉ならではのセレクトだと思いました。

HN:くるみるく


貰ったプレゼント:入園式のスーツ

親戚から入園祝いに貰ったもの、それは入園式のスーツです。

用意してなかったし、入園式に子どももスーツを着ないといけないなんて知りませんでした。

親戚はそのことを知っていて、贈ってくれたみたいです。

きっと入園式でしか着ないでしょうから買うのももったいないので、貰えて本当に良かったです。

HN:まみー


貰ったプレゼント:商品券3万円分

娘が入園する時、親戚から貰ったものは商品券でした。

しかも三万円分あったのです。女の子なので、洋服が何着も必要です。

だから洋服を買わせてもらいました。毎日同じものは着ていけませんからね。

親戚のセンスで買った洋服ではなくて、私が商品券で買えるのがとても嬉しかったです。

ものを貰うよりも、お金や商品券だととても使えるので嬉しく思います。

HN:ななこ


貰ったプレゼント:傘とカッパと長靴

親戚から「入園祝い」に貰った物は、子ども用の傘とカッパと長靴です。

どの品物も私たちの子どもの好きな色使いを聞いてから購入してくれたものだったので、よかったです。

これらの品物は、入園前に私たち夫婦が買う予定の品物だったものです。

親戚が事前調査をしっかりしてくれて、入園祝いをしてくれたので、とても満足のいく品物でした。

HN:もんち


貰ったプレゼント:お祝い金1万円とおもちゃ

叔母からお祝い1万円と、欲しがっていたおもちゃを1ついただきました。

祖母からも1万円と電話をもらったりで、現金でくださる方が多かったです。

息子の好きな恐竜やその関係の図鑑やグッズをくださった方もいました。

HN:はれそら


貰ったプレゼント:クマのぬいぐるみ

娘の入園祝いに、親戚からクマのぬいぐるみを貰いました。

私の娘は一人っ子で、同年代の友達も必要と思い、年少から幼稚園に入園することにしました。

友達は出来て嬉しい反面、ストレスもあるのでしょうね…

いつも送り迎えの車の中にいるその「クマたん」を友達とケンカした時に握り締めていました。

本当は幼稚園に持っていきたかったのでしょうが、幼稚園におもちゃを持っていくのは禁止なので一生懸命ガマンしていました。

HN:お琴ライター


スポンサードリンクス

貰ったプレゼント:商品券1万円

子どもの入園祝いに、叔母から商品券を1万円分頂きました。

何をプレゼントするか、かなり迷ったそうですが「決められないのでこれで好きなものを買ってね」と言ってくれました。

正直、物は好みが色々あるので、こういう金券で頂けるとかなり嬉しいし助かります。

幼稚園に行き始めると何かと物入りなので、子どものために大切に使いたいと思っています。

HN:koko


貰ったプレゼント:文具セット

親戚から子どもが好きなキャラクターの文具セットを貰いました。

どうせ買うものだし、気兼ねなく好みが言える親戚からのお祝いだったので、必要なものを貰ったほうが良いと思いました。

それで、キャラクターの筆箱と鉛筆、下敷き、消しゴム、自由帳、クレヨン、色鉛筆など文具一式を貰いました。

子どもはもちろん大喜びでしたし、こちらも必要なものを一気にもらえてとても助かりました。

HN:アップルパイ


貰ったプレゼント:絵本

親戚から幼稚園入園祝いに毎月1冊届けられる絵本を貰いました。

1年間の送ってくる本がわかるカタログを見て、すでに持っている絵本は重ならないように変更できるシステムです。

絵本は娘も大好きでしたので喜びました。

幼稚園を過ぎる頃には自分の好きな本や嫌いな本は決まってきます。

この時期に色々な種類の本に触れることは、大切だったと感謝しています。

HN:こっちゃん


貰ったプレゼント:お祝い金1万円

親戚のおじさんよりお祝い金を1万円いただきました。

幼稚園入園は制服やバック、教材、お弁当箱などの小物で物入りなので本当に助かりました。

欲しいものがあっても実用品すぎて、親戚にはなかなかリクエストしにくいものなので、お金が一番親としてはうれしいと思います。

我が家は、いただいたお祝いでスタジオに記念写真を撮りに行き、それが今年の年賀状になりました。

友人からはキャラ弁作りに役立つグッズや、アルバムを貰ったんですがそれも嬉しかったです。

HN:チロ


貰ったプレゼント:お祝い金1万円

親戚から子どもの入園祝いに現金を10,000円いただきました。

今回2人目だった事もあり、一通り必要なものは揃っていましたが、購入しなければいけないものもあったので、すごく有難かったです。

また、お祝いをいただく前に、「何か欲しい物はないか」と聞かれましたが、特に思い当たらなかったので「ない」と答えました。

なので、それなら現金が良いだろうと思ってくれたそうです。

欲しい物を事前に聞いてくれる心配りも嬉しかったです。

HN:ゆうこ


貰ったプレゼント:自転車

親戚の叔母から入園祝いに自転車をもらいました。

本人が一緒に買い物に行き赤い自転車を選びました。

娘は、補助輪無しで乗れるように頑張って練習していました。

下の娘二人もおさがりとして使用したので、うちではとても長く使いました。

HN:ひーちゃん


貰ったプレゼント:洋服

子どもが幼稚園に入園したとき、お祝いで洋服を数点買ってもらいました。

自分が買ってもらうよりも、嬉しい感覚になりました。

子どもも、買ってもらった服をとても喜び、幼稚園のお休みの日などはプレゼントされた服を着て遊びに出かけています。

成長につれてそのうち着れなくなってしまいましたが、思い出のものとしてずっと取ってあります。

HN:チョコ


貰ったプレゼント:お祝い金1万円

親戚から「入園祝い」としてお祝い金を1万円いただきました。

そのお金で、本人が喜びそうなおもちゃや服などを買いました。

服も、休日にはよく着ていましたが、おもちゃは幼稚園から帰るとしょっちゅう使って遊んでいました。

あと、そのお金で購入したのは学習用の本です。

英語とイラストのついた英語の勉強用の本を買い、音声付きのものを選びました。

HN:はな


貰ったプレゼント:お祝い金1万円・正装服

保育園に入園した時に親戚からお祝いを頂きました。

合わせて2件から頂いたのですが、一件はお祝い金として一万円、もう一件からは品物で受け取りました。

どちらもありがたいのですが、頂けばお返しもの買うことになるのを考えると、やはり物でいただくより、お金の方が気が利いたお祝いだと思います。

品物の方は、入園式用の娘の正装服でしたが好みが違ったので、正直なところ自分で用意したかったです。

HN:なっとう娘


体験談を頂き次第、随時追加していきます。


PAGE TOP