【ホワイトデー】バレンタインのお返しでドン引き!女性のリアルな体験談まとめ!

ホワイトデー

当サイトに寄せられた

ホワイトデーのドン引きエピソードです。

女性はとってもデリケートなので

ここで挙げられている物は、絶対に贈らないでくださいね!

スポンサーリンク

ホワイトデーにドン引き!とんでもないお返しをされた体験談

ユーモアをはき違えるな!!

職場の同僚に、毎日会っているし無視もできないと思い、500円程度の義理チョコをあげました。

そのお返しに3000円以上はすると思われる、高級ショーツ2枚組のセットをもらいました。

たぶんユーモアだったと思うのですが、あまり好きなタイプの人ではなかったので、下着をもらってかなり不快な気持ちになりました。

あと、ふっくらしたタイプではあるのですが、サイズがLLだったのでさらにドン引きしてしまいました。

HN:さゆり


お世話になったから渡したのに…

ホワイトデーのお返しでドン引きしたものは、大人のおもちゃです。

その人は冗談のつもりのようでしたが、その人とは特に親しくしていたわけでもなかったので、貰ったときはドン引きでした。

私はこのことがあってから、なんとなくで義理チョコを渡すことをやめました。

さらに特に親しい間柄ではない人には、お返しはいらない旨を伝えるようになりました。

HN:カノン


期待しなければ良かった。

私がホワイトデーのお返しでドン引きした物は、アメです。

バレンタインデーの日に、仲の良い友人に義理チョコをあげました。

義理といえど、わりと良いものをあげたので、少しは淡い期待をしていたのですが…

友人がホワイトデーの当日にくれたのは、ただのアメというもので、正直がっかりしました。

期待はしない方がいいですね。

HN:みか


あんたが欲しいって言ったからあげたのに!

学生時代、グループでよくつるんで遊んでいる人がいました。

下ネタが好きな人でちょっと困ったなと思いながらも、友達だからと思い軽く流していました。

その彼がどうしてもバレンタインデーのチョコが欲しいと言うので、彼を含めグループの男の子全員に義理チョコをあげました。

そしたら、何を思ったか、ホワイトデーのお返しにと彼から下着が贈られてきました。

冗談のつもりだったみたいですが、その後、その人とはがっつり距離をとりました。

HN:りんご


その発想逆にスゴイ!

社内では、ほとんどの社内の男性社員に、女性社員からバレンタインのチョコレートを渡すという風習があります。

お金も万単位になるし馬鹿馬鹿しいのですが、仕事がやりにくくなると困るので渡してました。

上司の一人が相当お小遣いがなかったのか、近くの川で綺麗な石を拾ってきて小さな瓶に詰めた物を、ホワイトデーのお返しで配りました。

気持ちはわかるけど気持ちだけで良いよ。

HN:なっつりたーん


どうかしてるぜぇ~

ホワイトデーのお返しでドン引きした物は、スーパーで売っている花束です。

結構高いチョコレートを贈ったので期待していたのですが、がっかりしました。

花を贈るというセンスは間違っていないと思うのですが、スーパーで売っている安い花束を贈るというのは、どうかしてると思いました。

その彼氏とは、その後うまくいかなくなって別れてしまいました。

HN:momo


スポンサーリンク


最初からそれを買ってこい!

ホワイトデーのお返しでドン引きした物は、雑貨店で売っているような安っぽいアクセサリーです。

小学生が買うようなものをホワイトデーのお返しにするという、センスのなさにがっかりしました。

その安っぽいアクセサリーはこっそり捨てました。

しばらく連絡を取らないでいたら、お詫びにきちんとしたジュエリーショップのペンダントを買ってきてくれました。

HN:itigo


ちょっとは練習しようよ!

バレンタインデーに手作りチョコが欲しいというので作って渡しました。

それで「お返しにホワイトデーには料理を作る」というので楽しみにしていました。

しかし、いざ作ってもらうと半生のハンバーグに、固いご飯、卵の殻入りスープ。

食べれるレベルの物じゃなかったので「何でこんなに料理が出来ないのに作るって言ったんだろう」とかなりドン引きしました。

HN:ゆゆ


せめて新品にして。

当時付き合っていた彼氏に、バレンタインデーに手作りチョコと1万円程のプレゼントを渡しました。

ホワイトデーを楽しみにしていると、お返しはラッピングすらされていないカード入れでした。

しかも、友人の彼女さんの使用済みの物を譲ってもらった物なのです…。

ブランドな訳でもなく、傷だらけで縫い目はほつれています。

プレゼントなのですから、せめて安い物でも新品がいいですし、袋などに入れてほしいです。

お金と手間と気持ちをケチられた気分で、嫌な気持ちになりました。

心遣いのない彼にドン引きです。

HN:ヨーコ


マザコンキタ====

なんと彼氏からもらったホワイトデーとのお返しが、私があげたチョコレートよりも美味しいチョコレートだったのです。

しかも手作りクッキーで、彼氏のお母さんが作ったものでした。

「これ食べて、もっとお菓子つくりの勉強したほうがいいよ」と言われたのです。

確かにあなたのお母さんみたいに、上手には作れません。

だからといって、そんな嫌味みたいなことを親子ぐるみでされるなんてムカつきました。

HN:まみー


私はもう大人!

父親に、買ったハート形のチョコレートをあげて、すごく喜んでいたのです。

そして一か月後ホワイトデーの時、クマのぬいぐるみをお返しとして渡されました。

それを見た時、いつまで私を子ども扱いしているのかと怒りました。

本当は可愛いポーチや、小物入れが欲しかったのですが、父親は私の事をまだまだ子どもだと思っているようです。

HN:ピピ


小学生じゃあるまいし

ホワイトデーに彼から会いたいと前もって言われていました。

何かあるのかなと少し期待をしながら会う事にしたのですが、バレンタインのお返しをくれる雰囲気でもなく、普段と同じ。

そして、いよいよ変える時になって、笑顔で渡してくれたのは、チロルチョコ。

冗談だろうと笑ってしまったのですが、彼は普通に笑うこともなし。

なぜチロルチョコだったか分かりませんが、一気に気持ちが冷めました。

HN:ちょこチャン


先輩センス無さすぎっ!

チョコを贈ったのに、お返しがチョコだったことには正直引いてしまいました。

それも明らかに私が贈ったチョコより安いものでした。

義理チョコだったので倍返しなどは期待していませんでしたが、チョコのお返しがチョコとは…

なんてセンスがないんだとガッカリしてしまった覚えがあります。

食べ物でもせめて違うものを選んでほしかったものです。

HN:えみ


彼氏のセンスって一体。

付き合っていた彼氏からのお返しがマグカップだったときには、かなりガッカリした覚えがあります。

それもごく普通の代わり映えのしないマグカップで、なぜそれをチョイスしたのかと今でも不思議です。

もちろん私がマグカップを欲しがっていたわけでもありません。

もう少しセンスの良いものが良かったなと思うと同時に、それ以降彼のセンスがすごく気になるようになってしまいました。

HN:matu


歳考えてよ!

私が今までホワイトデーのお返しでもらって1番ドン引きした物はキティちゃんのぬいぐるみでした。

確かに私はキティちゃんが好きだったけれど、もう25歳。

さすがにぬいぐるみだけ貰っても、ちっとも嬉しくなくて顔が引きつってしまいました。

更に困ったのが、そこそこ大きいぬいぐるみだったので部屋で置き場所をとって邪魔になった事でした。

可愛いアクセサリーを期待していただけに、とっても凹んだお返しでした。

HN:もも太郎子


お返しにチョコレートは無いでしょ!

ホワイトデーのお返しに、カエルの形をしたチョコレートを貰った時はどん引きしました。

あえてそれを選んだのは受け狙いだと思うのですが、見た目がリアルなカエルだったためとても女性が喜ぶ物ではありません。

どうせチョコレートをくれるなら、普通の物が良かったと思いました。

というかバレンタインのお返しに、チョコレートっていう点がそもそも嬉しくないです。

HN:トッコ


彼氏がこんな性格悪いなんて!

不器用な私がバレンタインデーに、一生懸命チョコを手作りしました。

彼氏には一応お礼を言ってもらえましたが、形もイマイチ、味もイマイチで自己嫌悪に陥りました。

そんなホワイトデーのお返しは、彼氏手作りのケーキでした。

それも形も味も完璧でパティシエが作るようなものでした。

「適当にチャチャっと作ってみた」というメッセージ付きでした。

完全に嫌味だと感じ、敗北感に襲われたホワイトデーのお返しでした。

HN:リロちゃん


なにその得意気感。

当時付き合って3ヶ月目の彼からの贈り物です。

バレンタインデーにブランドのマフラーと手作りチョコをプレゼントしました。

彼からのホワイトデーのお返しがブランケット。

しかも、雑貨屋さんで置いてある千円位の安くて薄い生地のものでした。

セール品として買ったそうなので、手垢かなんかよくわかりませんが、うっすら黒ずんだもの。

彼は大手企業勤務、30前半といい大人なのですが、「セールだったから得したぜ」みたいに得意気でドン引きしました。

これならいらなかった・・・。

HN:はな


もう仕事行きたくないよ。

義理チョコをあげた同僚から、ブラなどのセットをもらった時にはドン引きしました。

ただの同僚のはずなのですが、俺の気持ちだからと真顔で箱を渡されました。

そこに豪華なレースの上下下着セットが入っていた時の、この心境をどう言い表していいやら…

正直怖かったです。

HN:はれのち


お姉ちゃんだってドン引きだわ!

弟にデパートで買った1000円前後のチョコレートを、毎年なんとなく習慣であげています。

ホワイトデーに派手な赤い花の造花がついたバレッタを、ラッピングも無しでむき出しのまま渡されました。

「なんか派手なんだけど・・・」ブツブツ言うと、彼女にあげたけど今いち趣味に合わなくて要らないと言われたそうです。

そんなものをくれるなんてと、ドン引きしてしまいました。

HN:さくら


あなたのホワイトデーエピソードも教えていただけませんか?

もし教えていただける場合は、

下の「コメント欄」または「お問い合わせ」より

「簡単なエピソード+ハンドルネーム」を入れてご送信下さいませ。