【小学生向け】読書感想文の書き方!本の選び方・構成もよくわかる♪

夏休み

本と読書感想文を書いた原稿用紙

読書感想文ってほんっと苦手なんだよね~。早く終わらせたいって思うけど、ぜんぜん書けないし…

そもそも読書感想文って、どうやって書くの?って感じ…orz

と、昔の私と同じように、原稿用紙の前で鉛筆をもって頭をかかえているあなた!

大丈夫‼

この記事を読めば、感想文が簡単に書けるようになりますよ。わたしもこのやり方を知ってから、感想文で悩むことがなくなりましたからね(・ω-´☆)

では簡単に読書感想文が書けちゃうコツを、下の3つのテーマの順に書いていきます。

  1. 本の選び方
  2. 本を読む前の準備
  3. 読書感想文の書き方

まずは「本の選び方」について見ていきましょう♪

読書感想文の例文を読みたいという人は、下のページに書いてあるので興味があれば読んでみてください。

【小学生向け】読書感想文の例文!書き出しもよくわかる♪

スポンサーリンク

【1】本の選び方のコツ!4つポイントはこれ!

本なんて、どれを選んでもいいんでしょ??

めんどくさいこれでいいや!

そう、どれを選んでもOK!自由です!

でも…テキトーはダメデス!「どれでもいいや~」なんて選ぶと、あとあと苦労することに…(。ŏ_ŏ。)

選び方のコツを知っておくことで、本を読むときはもちろん、感想文を書くときもグッと簡単になります!

これから紹介する4つのポイントを基準に本を選びましょう。

1.なんとなーく、気に入らないという本を選ぶのはやめる

パラパラ見て、内容や表紙のイラストが気に入らなければ、読み終わったときに「よかったー!」と思えることは少ないです。

2.最後まで読める本を選ぶ

名作と言われる本でも、長くて読みきれなさそうなら選ぶのはやめましょう。

短すぎても、その分短いことばで内容を伝えているので、感想文を書くのが難しくなります。

3.今までに読んで面白かった本の作者が書いたほかの本を選ぶ

ほかの本もあなたにとって読みやすい可能性が高いです。

4.まえがき、あとがきもしくはもくじを読んで、続きを読んでみたくなるかで選ぶ

まえがき、あとがき、もくじは、本の内容をまとめてあるので、短い時間で本を選べます。

この4つのポイントから選んだ本なら、たいていはOKなんですが…

ちょっと気をつけたいこともあります。

パラパラ読んでみてダメなら、途中で本を変える勇気も必要!

借りた(買った)その本で書かなきゃダメということはありません。時間のムダということもありません。

読んでよかった、と思える本に変えたほうが、そのあとよっぽど楽に作文が書けます。

物語だけじゃない。伝記、図鑑、辞書を選んだっていい。

物語はわりと読書感想文を書きやすいですが、物語を読んでもしっくりこない人は、図鑑や歴史の本などで興味のある本を選んだ方が、作文が書きやすくなります。

本を変えたりすることだってぜんぜんOKなんですよ。

さてさて、本は選び方はわかったところで、次のテーマ「本を読む前の準備」を見ていきましょう♪

【2】本を読む前の準備

さ~て、本読むぞ~!

えっと…なになに…

ちょっと待った‼

本を読み始める前に用意しておくものがあるんですよっ(`・ω・´)キリッ

それは、メモふせん(なければ紙を小さく切ってもいいです)と鉛筆です。

これらは、読んでいて気になったところや心に残ったシーンに印をつけたり、本に貼ったりはさんだりして、簡単に感想を残しておくために必要なんです。

こんな感じで使います↓

付箋を貼った本

部分部分で感想をメモしておくことで、作文を書くときにさらにグッと早く、ラクに書けるようになるんですよ♪

ほかの人が書く内容を見ることはないので、自分がわかるように感じたままを書けばOKです。

初めて読むときは読むことに集中して、2度目に見かえしながらやるといいですね。

でもメモを取るって、なんか読むのに時間がかかりそう…ただでさえ読むのに時間かかるのに~

こう思うかもしれませんが、ついさっき読んだ本でも意外と内容を忘れてしまっていることが多いものです。

そうして読み返すことを考えれば、メモを取りながら読んでいった方がトータルの時間が早くなります(・ω-´☆)

では、本題ともいえる「読書感想文の書き方」を見ていきましょう♪

スポンサーリンク

【3】読書感想文の書き方

さあ、いよいよ文章を作っていくわけですが、いきなり原稿用紙に書こうとしても、文章が思いつかず固まってしまう人も多いですよね…(。ŏ_ŏ。)

ここで、すごーく大事なことを言います!

読書感想文は「自由に感じたことを書けばいいのではない」のです!

ええっ、自由に書いちゃダメなの~!?

じゃあ何を書けばいいの~?

って感じですよね。

安心してください。もちろん自由は自由なんですが、書くときにはポイントがあるんですよ。

原稿用紙に書く前に、ルーズリーフやノートを用意してください。

ポイントごとに短い文を作ってみよう

①~⑧のポイントに対して、紙1枚に分けて短い文を書いていきます。

ただし、すべて書かなければいけない訳ではありません。読んでいて話せそうなポイント、伝えたいポイントを選んで書きましょう。

①なぜこの本を選んだか
きっかけ・動機

②人から聞いたことを入れる
その本を読んだ友人のことば、テーマについて人から聞いたことがあること

③作品をいろいろな角度から見る
主人公の気持ちだけではなく、ほかの登場人物、作者の気持ちなども考えてみる

④自分の体験談を入れる
話がそれないように

⑤登場人物と自分、または周りの人をくらべる

⑥読んだことがない人にもわかるよう、必要なときはあらすじを入れる
いれすぎないこと

⑦現代のニュースと関連があれば書く

⑧読んで、自分の考えや行動がどう変わったか

こんな感じに書いていきます↓

ルーズリーフ

これが最終的には、原稿用紙○枚を埋めてしまうほどの大事なネタになっていくんですよ(・ω-´☆)

どうですか?
これならできそうでしょ?

けっきょくは読書感想文って、「話の内容」「主人公がどんな人か」を使って、「自分」の話をどんどんしていくことなんですね。

ポイントごとに文章を書きだしたら、次は「構成」を考えていきますよ。

構成を考えよう

「構成」というと難しそうですが、ポイントで作った短い文章たちの並び順を決めていくだけです(*・ω・)ノ

ただ、でたらめに並べるのではなく、話の流れがスムーズに流れるように並べます。

前後の文章の流れによっては、文章をつなげるための文が必要になると思います。

よく言われる「起承転結」を意識しましょう。

:話を起こす、動機
:動機を受けて話が続く
:違う話を持ってきて、話を豊かにする
:結論、話のまとめ、オチ

うーん、そう言われてもわかりづらいかもしれませんから、「浦島太郎」に起承転結をあてはめてみましょう。

:浦島太郎が浜辺でいじめられているカメを助ける。

:助けてもらったお礼にカメが浦島太郎を竜宮城に連れていき、美しい乙姫に踊りやごちそうでもてなされ楽しく過ごす。

:しばらくして帰ることにした浦島太郎に、乙姫は「開けてはいけない」玉手箱を渡す。

:浜に帰ると知っている人が誰もいず、困った浦島太郎が玉手箱を開けると、浦島太郎は老人になってしまう。実は、地上では長い年月が経っていたのだ。

少しイメージがわきましたか?

」「」の割合を多めにするとバランスが良くなります。

」は「」で起こした話の結論、まとめです。話のつじつまが合わなくなっていないかに注意しましょう。

構成ができたら、いよいよ終わりに近づいてきましたね。では次は「題名」をつけてみましょう♪

題名をつける

最初に題名をつけたくなりますが、人の気を引きつける題名にするなら文章が仕上がった最後に書くといいです。

「○○を読んで」でもいいのですが、自分の気持ちを表すような工夫をしてみるのもいいですよ。

題名をつけたら「清書」ですが…清書の前に、家族の人に一度読んでもらうのがおすすめです。

自分では気づかなかった字の間違いや、つながりがおかしい部分などに気づいてもらえることがありますので(・ω-´☆)

清書する

読書感想文を書いている女性

清書を書きながらも、文章のつながりや字の間違い、文字数などの確認をしていきましょう。

これで書くことがないからといって、文字数をかせぐことなんて考えなくても、立派な読書感想文のできあがりです!

自信をもって提出しましょう♪

また、わたしにできることがあれば、アドバイスさせていただきます。質問などあれば、下のコメント欄をじゃんじゃん使ってください♪

今回の書き方の流れにそって、具体的に本を読んで、読書感想文を書いてみました。

全文を公開していますので、興味があればぜひ読んでみてください♪

【小学生向け】読書感想文の例文!書き出しもよくわかる♪