赤ちゃんのミルクや離乳食に水道水を使ってもいいの?注意することは?

子育て

生まれたときから、母乳だけを飲んでいた赤ちゃんも、成長するにつれいろいろなものを口にするようになります。

その中でも一番大切なのは水です。

ミルクの赤ちゃんは、ミルクを作るのに水を沸かして入れるし、離乳食に作るのにも水を使い作りますね。大人の場合は水道の水を直接飲み、料理に使っている方も多いですが、赤ちゃんの場合はどうでしょうか。

ミルクや離乳食に水道水を使うのはOK!

赤ちゃんにミルクや離乳食を作るときに、水道水は使用しても問題はありません。

水道水には、水道法という法律に従って厳しい基準が設けられています。水道水として出てくる水はその基準をクリアしたもののみで、安心して使用することができます。

しかし、赤ちゃんは大人と違って気をつけたほうがいいこともあるんですよ。

水道水の注意点

残留塩素

水道水には残留塩素があり、これは水を消毒、殺菌するのに欠かせないものです。

最近では水質の悪化により塩素量が増えている傾向にあります。残留塩素が増えるとカルキ臭が強くなります。

アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の人

はこの残留塩素に反応することがあるといわれています。残留塩素は煮沸することにより大半はなくなり、カルキ臭もとびます。

放射能

また、震災後は放射能の心配をされている方も多いですね。

放射能の情報は公開されていますので、自分の住んでいる地域の放射線量をチェックできます。定期的に確認してみましょう。

こちらもまた基準があり、供給されているものは基準をクリアしたものです。

貯水タンク

住んでいる場所が集合住宅で、貯水タンクから供給している場合は注意が必要です。貯水タンクにいったん水をためて供給されるため、水質が悪化する場合もあります。

貯水タンクのメンテナンスが定期的にあれば問題はありませんが、不安な場合は水道水を使わずに別の方法にしたほうがいいでしょう。

水道水を使う以外の方法

水道水に不安がある場合は、浄水器をつけたりウォーターサーバーを利用するのもいいですね。水道水を煮沸せずにそのまま飲ませるのは、免疫力がつく一歳を過ぎたくらいからのほうがいいでしょう。

水を買う場合は内蔵機能が未熟な赤ちゃんに、ミネラルウォーターをあげるのはいけません。硬度が60以下の軟水か、ピュアウォーターにしましょうね。

薬局などでも赤ちゃん専用の水や麦茶などのペットボトルが売っていますので、そういうものを上手に利用するのもよいでしょう。