赤ちゃんのオモチャ「にぎにぎ」の作り方

手芸

赤ちゃんのオモチャはお店で探せば色々あると思いますが、とっても簡単ですので是非手作りしてみてはいかがですか?

自分で作ったオモチャで赤ちゃんが遊んでくれていると嬉しいものです。

布も少量で済みますので、わざわざ材料を買いに行かなくても出来てしまうかもしれません。

スポンサーリンク

用意するもの

  • お好みの布
  • 手芸綿
  • 飾り付けのひもなど

作り方

【1】適当な紙に、にぎにぎの形を自由に描き、切り取っておきます。赤ちゃんがつかみやすく、シンプルな形がオススメです。


【2】お好みの布の裏面に本体の型を置き、型の表面と裏面の2枚、チャコペンなどで線を引きます。


【3】線の1cm外側を裁ちます。本体に縫い付けるパーツがあればそちらも切り抜いておきます



【4】布の表面に、パーツや小物を縫い付けます。今回ゾウの目をボタンで縫い付けようと思って用意していましたが、誤飲の危険性があるので刺繍にしました。


【5】2枚の布を中が表になるように合わせ、返し口を開けて出来上がり線を縫います。今回はひもを挟みこんで縫いました(出来上がりに外に出したい部分を中に入れてはさみます)。


【6】縫ったら縫いしろを5mmくらいに切り落とし、カーブのかかった部分に切り込みを入れておきます。


【7】返し口から布を慎重に表に返します。細い部分は内側から棒を使ったり、めうちなどで引き出すとやりやすいです。


【8】中に綿を詰めます。


【9】返し口を【ラダーステッチ(コの字とじ)】で閉じたら、完成です。


2枚の布を縫い合わせて綿を詰めて閉じるだけなので、とっても簡単でした!布も小さくて済むので、お気に入りの柄だけどもうハギレしかない布を使うことが出来ます。

綿を詰めるときに、鳴き笛やプラスチック製の鈴を入れれば、音がなるオモチャになりますよ。

多少不格好でも、手作りすれば愛着が湧きますね♪

スポンサーリンク