年収が低くてもふるさと納税できるの?

ふるさと納税

ふるさと納税は、高所得者だけが得をするものだと考えている方も多いかと思います。もちろんそんなことはありません。年収の例を挙げてふるさと納税の上限金額を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

年収が低くてもふるさと納税は可能

まず始めに、年収が低くてもふるさと納税はできます。

ただ、あまりに低いと税金控除のメリットがなくなってしまうので、ある程度のボーダーラインが存在します。

そのボーダーラインは限度額を計算してみるとある程度わかりますのでやってみましょう!

限度額を計算してみよう

今回は、数値を入れたいので「さとふる」の簡単シミュレーションを使って計算してみようと思います。年収や家族構成などを選択するだけで限度額の目安がわかるのでお勧めです。

こんな感じです↓


なお、年収300万円以上の方は総務省の「2,000円を除く全額が控除できる寄附金額の一覧(目安)」というPDFが便利ですのでご覧ください。

2,000円を除く全額が控除できる寄附金額の一覧(目安)

では、実際にどのくらいの限度額なのか例を挙げながら見ていきますね。

例) 年収200万 独身

年収200万円で独身の方の場合、上限金額は14,000円です。

例) 年収150万 独身

年収150万円で独身の方の場合、上限金額は7,000円です。

例) 年収250万 共働き 子供1(高校生)

年収250万円で共働き、高校生の子供が1人いる方の場合、上限金額は12,000円です。

例) 年収200万 共働き 子供1(高校生)

年収200万円で共働き、高校生の子供が1人いる方の場合、上限金額は5,000円です。


ちょっと計算してみましたが独身の方の場合、年収140万前後がボーダーラインになりそうですね。

さいごに…年収1億あったら…

ヒャッハー!
上限300万オーバーっすかwww

ほんと夢みたいな数字ですが、実際に年収1億とかの人はいるんですよね…うらやま(ry

さてさて、
気を取り直して、

あくまで目安ですが、このように計算してみることで「自分もふるさと納税するメリットあるじゃん」ということもあると思いますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク