ランニング後はアイシングをするべき!効果的な時間や方法はこう!

ランニング

アイシングの正しいやり方

しおちゃん悩み顔「ちょっとラン友から聞いたんだけど、ランニングした後って、“アイシング”ってのをした方が良いの?」

「全然やり方がわからないから、効果的な時間とか、方法を教えてほしいんだけど…」

とも笑顔「ほほう、アイシングか~しおちゃんもランナーっぽくなってきましたな(笑)」

「よし、じゃ~“ランニング後のアイシング方法”を説明していくね。」

しおちゃん真顔「ところで、アイシングって何?(笑)」

とも悩み顔「お、おう..まずはそこからだね!」

スポンサーリンク

アイシングとは?

アイシングとは、スポーツした後、身体を氷などで冷やして、筋肉の炎症を抑え、筋肉の疲労を回復させること

しおちゃん真顔「テレビで、スポーツ選手がよく氷で冷やしているの見かけるけど、あれが“アイシング”なんだ。」

とも笑顔「そうそう、それだね!」

「走った後、足の筋肉ってかなり熱を持っているよね?」

「その時に、アイシングをすることで、速く疲労回復ができるんだよ。」

しおちゃん悩み顔「そういえば、最近、筋肉痛とか、夜足がだるいんだよね…」

「アイシングをすれば、そういったことも少なくなるってこと?」

とも笑顔「もちろんさ!」

しおちゃん笑顔「お~これはぜひやり方を知りたいわ♪」

とも真顔「よし、じゃ~次は、アイシング方法を説明するね♪」

効果的なアイシングの時間や方法とは?

ランニング後すぐに、タオルで包んだ保冷剤を、ふくらはぎや太ももなどに当てて、そのまま15分~20分待つ

しおちゃん真顔「15分から20分って、けっこう長い時間、冷やさないといけないんっだね!」

とも真顔「そうだね!」

「保冷剤がなければ、ジップロックなどに、氷を入れたもので当てるのも良いと思うよ。」

「どちらにせよ、アイシングするときは、直接当てないように注意しよう。」

しおちゃん真顔「なるほど!氷なら冷蔵庫で作っておけばOKだしね。」

シャワーする前にアイシングを!

とも真顔「走った後って、すぐにシャワーで汗を流したくなるけど、アイシングを先にするのが理想だよ。」

しおちゃん悩み顔「えっ..そっか~先にシャワーしたいわ~。」

とも真顔「そうだね…」

「シャワーを先にする場合は、洗面器に冷水を入れて、足だけは付けておくと良いよ。」

「それで、その後に、アイシングするようにしよう。」

しおちゃん笑顔「ほうほう。」

「これなら、続きそうだ(笑)」

冷たくて20分も続かない場合は…

とも真顔「冷たくて、アイシングが20分も続かないって人もいるんだけど、その場合は、アイシングポイントが微妙にズレてしまっている可能性があるんだ。」

しおちゃん悩み顔「あ~特に冬とかキツそう…」

とも真顔「これは、手で持ってる場合多いんだけど、そうならないためにも、ゴムバンドで、しっかり固定しておくと良いよ。」

「冷たいって感じるのも、約5分だから、同じポイントを当てていれば大丈夫だよ♪」

しおちゃん真顔「なるほど。」

「長く当てれば、その分効果は上がるの?」

20分以上は危険!

とも真顔「20分以上同じ場所をアイシングしていると、低温火傷してしまうから、時間はしっかりと見ておこう。」

しおちゃん悩み顔「感覚がなくなっちゃうから、もっと長くできそうだけど、低温火傷はこわいね…気をつけないと!」

スポンサーリンク

とも真顔「さて、アイシング方法はこのくらいだけど、わかった?」

しおちゃん笑顔「バッチリ!」

「思ってたより、時間と思ったけど、アイシングで足の疲れが違ってくるならやるっきゃないね!」

とも笑顔「それは、良かった!」

「また何でも聞いとくれ♪」

しおちゃん真顔「うん、ありがとう!」

「またよろしくね♪」