簡単なお弁当袋の作り方|幼稚園や保育園の子供用

手芸

手作りお弁当袋

幼稚園や保育園の子供用の「お弁当袋」を手作りしてみませんか?

布の切り替えをしないで一枚の布でも簡単に作れます。個人的に、お弁当袋って切り替えがあるイメージが強かったので今回は布切替ありで作ってみました。

2段になっているお弁当箱や、お弁当箱+デザートを入れても、高さに少し余裕があるので出し入れしやすい形です。

入園・入学準備グッズの関連ページ

スポンサーリンク

簡単なお弁当袋を作ってみよう

材料

簡単なお弁当袋の作り方1

  • 本体布(15×28㎝)2枚
  • 底布(22×28㎝)
  • 丸ひも(60cm)2本
  • アップリケやワッペンなど

作り方

【1】布端がほつれてこないよう、布の周りに一周ジグザグミシンをかけておきます。

簡単なお弁当袋の作り方2


【2】底布の表を上にして置き、一枚の本体布を、上端を揃えて中が表になるように重ねてマチ針でとめ、1cmのところを縫います。布の柄に向きがある場合は、画像の下側に柄の上が来るように注意してください。

簡単なお弁当袋の作り方3


【3】もう一枚の本体布を、底布の下端と揃えて重ね、1cmのところを縫います。布の柄に向きがある場合は、画像の上側に柄の上が来るように注意してください。

簡単なお弁当袋の作り方4
簡単なお弁当袋の作り方5


【4】アップリケやワッペンなどがある場合は、この時点で縫い付けておきます。今回は、布の継ぎ目にリボンテープを縫い付けました。

簡単なお弁当袋の作り方7


【5】中表になるように布を半分にたたみ、マチ針でとめます。袋口から9㎝空けて、両わき1cmを縫います。

簡単なお弁当袋の作り方8
簡単なお弁当袋の作り方9


【6】縫いしろをアイロンで割ります。

簡単なお弁当袋の作り方10


【7】袋口の先ほど縫っていない部分(あきどまり)を、点線部分で縫います。

簡単なお弁当袋の作り方11
簡単なお弁当袋の作り方12


【8】底をたたんでマチ針でとめます。

簡単なお弁当袋の作り方13


【9】角から5cmのところにチャコペンなどで線を引き、線に沿って縫います。

簡単なお弁当袋の作り方14
簡単なお弁当袋の作り方15


【10】袋口を1cm折り返します。

簡単なお弁当袋の作り方16


【11】さらに2cm折り返し、1.8cmのところを一周縫います。

簡単なお弁当袋の作り方17
簡単なお弁当袋の作り方18


【12】袋を表に返します。

簡単なお弁当袋の作り方19


【13】ひもを通します。1本のひもを片側から一周通し、ひと結びします。

簡単なお弁当袋の作り方20
簡単なお弁当袋の作り方21


【14】もう一本のひもを反対側から一周通し、ひと結びしたら、お弁当袋の完成です。

簡単なお弁当袋の作り方22
簡単なお弁当袋の作り方23


【15】巾着を絞ったところです。マチが10cmあるので、お弁当箱を入れていなくても自立します。

簡単なお弁当袋の作り方24
簡単なお弁当袋の作り方25


今回の材料は全て100円ショップで揃えました。底布はカットクロスで、本体布は手ぬぐいとして売っていたものです(笑)。

大き目のバッグと違って、小物入れは100円ショップにある小さめの布でも出来てしまうので、ちょこっとだけ布が欲しい時は便利ですよ。

幼稚園や保育園などは、お弁当袋と一緒にコップ袋などが必要になったりしますよね。同じ柄の布で作ると統一感も出ますし、子供も喜ぶと思います。コップ袋の作り方も紹介していきますので、よろしければぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク