丸ごとかぼちゃの切り方!レンジを使わなくてもこれならラクに切れる

食べ物のこと

こんにちは、Monosiri編集部です。

かぼちゃってカットされたものならまだ力任せに切ることができますが、丸ごとになると物凄く硬いしぜんぜん切れないですよね。ていうか、何より怖い!笑

また以前、大きいかぼちゃを丸ごともらったときには、包丁が刺さったまま抜けなくなって困り果てました…

そんなこともあったので、どうにかかぼちゃをラクに切れないか調べまくった私。そのかいあって、丸ごとかぼちゃの切り方をマスターしました!(←自分で言っちゃうヤツ

ということで今回は、レンジを使わなくても簡単に丸ごとかぼちゃを切る方法をシェアしたいと思います。

冬至やハロウィンなどで丸ごとのかぼちゃを使う場合も、ラクに、そして安全に料理できるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

はじめに

レンジで加熱すれば、かぼちゃが柔らかくなって切りやすくなりますが、その反面、傷みやすくなります。カビについては下の記事で触れていますが、かなり気持ち悪い…汗

そんなわけで、丸ごとのかぼちゃを一度で使い切るのもあまりないかと思います。なので、傷むのを防ぐといったことから、今回はレンジを使わない方法をご紹介します。

逆に言えば、すぐに使う分量であればレンジで加熱してから切るのがおすすめですよ。丸ごとの場合でもすぐに使い切るのであれば、600Wで3~5分ほどチンしてから切り始めるとラクです。

ではあらためて、丸ごとのかぼちゃの切り方を説明しますね。

丸ごとのかぼちゃを切ってみよう

一番苦戦するのは、丸ごとの状態から半分にカットすることだと思います。まずは大まかに手順を確認してからチャレンジしてみましょう~。

STEP.1 かぼちゃを半分(½)に切る

1かぼちゃのお尻を上に向けて置きます。


MEMO

布巾などを敷いても安定しない場合は、ヘタをくり抜いておくか、まな板に接する面を少し切り落として平らにしましょう。


2中心部分に菜箸をブスッと刺します。思ったほど力は要りませんでした。


3これ以上行かないところまで達したら菜箸を抜きます。貫通させる必要はありません。かぼちゃの中の空洞まで行けば大丈夫です。



4菜箸の穴に包丁の刃の先端を合わせ、そのままかぼちゃの中心に向かって突き刺します。



5そのまま包丁の柄を下におろすようにして切ります。てこの原理を利用する感じです。底面まで切れていなくても大丈夫です。


6包丁を抜いて向きを変えます。


7反対側も同様に切ります。



8残りは切れ目に指を入れて手でパカッと開きます。(どこぞの昔話みたいに中から何か産まれそうな勢いですw)


この写真で見てもわかりますが、かぼちゃはヘタ側よりもお尻側の方が実が薄いので、お尻側から包丁を刺した方が簡単に切れます。

実際このやり方で、女性の私でも一発で包丁を差し込め、包丁の柄もスッと下ろせました。


半分にカットすることができれば、後はどうということはありませんね。

では引き続き、4分の1にカットしていきましょう~♪

STEP.2 かぼちゃを4分の1サイズに切る

1スプーンなどでかぼちゃの種とワタを取ります。



MEMO

実はかぼちゃのワタや種も栄養満点なんですよ。ワタはお味噌汁に入れるのがおすすめです。種はプライパンで炒ってから、皮をむいて食べるとナッツ系の味がして意外とおいしいですよ♪これまで捨てていた方はぜひ一度食べてみてください。


2平らな面を下にして、かぼちゃのヘタが上下に来るような向きで置きます。


3上下のヘタの中心辺りに包丁の刃の先端を突き刺します。



4そのまま包丁の柄を下におろすようにして切ります。ここでもてこの原理を利用する感じです。


5かぼちゃの向きを変え、反対側も同様に切ります。




6ヘタ、お尻を切り落とします。



はい、もうここまでくればスーパーなどでもよく見かける4分の1サイズのかぼちゃですね。

後は、使う分はその料理に合わせてさらに小さく切っていき、すぐに使わない分は冷凍保存をしておくと傷むのを防げますよ。

STEP.3 用途に合わせて切る or 保存する

さらに小さく切っていくときは、上のやり方と同じです。平らな面を下にして置き、安定させることがコツです。

煮物用や天ぷら用など、お好みの大きさに切っていってください。

また保存する際のポイントは下の記事でまとめてありますので、参考にしていただければ幸いです。

まとめ

  • 丸ごとのかぼちゃは菜箸で穴を開け、てこの原理を利用すると簡単に切れる
  • 半分、4分の1のかぼちゃは平らな面を下にして切る
  • 自信がない場合は使い切る分だけレンジで加熱してから切ってもOK

この記事を書いていて思い出しましたが、私が初めて料理本を開いて作った料理は、かぼちゃの煮物でした。

目玉焼きとかチャーハンとか、料理本を見ずに作った料理はもっと早いと思いますが、本を見て作ったのは多分小学校高学年の頃。

娘のおままごとを見ていても思いますが、子供ってどうしても包丁を上から下に動かして切りたくなってしまうんですよね。

だから、当時は多分4分の1サイズとかにカットされたかぼちゃを使ったと思いますがそれでも煮物サイズに切り分けるのはとても大変だった記憶があります。

かぼちゃは真ん中がほぼ空洞なので、コツをつかめば楽に切ることができるんです。丸ごとのかぼちゃを扱う機会はあまりないですが、裏ワザを知った感じで得した気分ですよね。